光文社古典新訳文庫<br> カフェ古典新訳文庫〈Vol.1〉

個数:

光文社古典新訳文庫
カフェ古典新訳文庫〈Vol.1〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年11月20日 07時33分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 222p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751920
  • NDC分類 904
  • Cコード C0197

内容説明

光文社古典新訳文庫では創刊以来、対談、講演、エッセイ、評論など、いわば「古典新訳文庫の衛星群」といえるものを生み出してきました。今回、この“衛星たち”が一堂に会し「新星」となって誕生しました!散歩の途中でカフェに立ち寄るように、気軽に手にとってみてください。

目次

特別寄稿(「月日はあやしくも物狂おしくながれすぎる」(辻原登)
森のどこかに(望月通陽))
講演(ドストエフスキー『罪と罰』の謎―黙過のリアリティ(亀山郁夫)
古典と教養のルネサンス―イギリス人のシェイクスピア発見について(安西徹雄))
対談(『カラマーゾフの兄弟』に潜む謎を解く(亀山郁夫;島田雅彦)
『アンナ・カレーニナ』の秘密―時間の流れと視点を自在に操るトルストイの狙い(綿矢りさ;望月哲男) ほか)
アンケート わたしが好きな古典
エッセイ 古典作品への誘い(押して、伸ばす(小川高義)
翻訳におけるユーモア(関口英子) ほか)