光文社古典新訳文庫<br> 愚者(あほ)が出てくる、城寨(おしろ)が見える

個数:
電子版価格 ¥572
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
愚者(あほ)が出てくる、城寨(おしろ)が見える

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月05日 18時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 253p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751746
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

内容説明

精神を病み入院していたジュリーは、企業家アルトグに雇われ、彼の甥であるペテールの世話係となる。しかし凶悪な4人組のギャングにペテールともども誘拐されてしまう。ふたりはギャングのアジトから命からがら脱出。殺人と破壊の限りを尽くす、逃亡と追跡劇が始まる。

著者等紹介

マンシェット,ジャン=パトリック[マンシェット,ジャンパトリック][Manchette,Jean‐Patrick]
1942‐1995。フランスの小説家。マルセイユ生まれ。パリ大学ソルボンヌ校在学中より左翼政治運動へ傾倒。その後、大学を中退し、様々な職業で生計を立てる。1971年、ガリマール社より共同執筆と単独執筆の犯罪小説が相次いで刊行され小説家デビュー。1972年には『愚者が出てくる、城寨が見える』が出版され、翌年の「フランス推理小説大賞」を受賞。一躍、フランス暗黒小説のリーダー的存在となる

中条省平[チュウジョウショウヘイ]
1954年生まれ。学習院大学教授。仏文学研究のほか、映画・文学・マンガ・ジャズ評論など、多方面で旺盛な活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えりか

64
とにかくスピード感のある話。悪いやつが悪いやつに狙われる。逃げる愚者と追う愚者。基本的にみんな自分のことしか考えていないので、その逃走劇も銃はぶっぱなされ、火炎瓶のようなものは投げ散らかされ、一般人を巻き込みめちゃくちゃな惨事に。といっても、この店内での狂気が一番ドキドキして面白かったのだけど。善と悪との境界はなくなり、なにをもって善悪の判断をするべきなのかが不安になってくる。「正義は勝つ」という言葉はこの小説にはないのかもしれない。2017/05/13

星落秋風五丈原

53
企業家アルトグに幼い遺産相続人ペテールの子守として雇われたジュリー。企業家とプータローの接点が見いだせない二人がどうやって繋がったかというとアルトグが篤志家として精神を病んだ人を救済していたのだった。アルトグは強引な手法で恨みを買っており、ペテールとジュリーは冷酷な殺し屋トンプソンとその手下に誘拐されてしまう。だいたい精神不安定な相手に、生命の危険を感じるかもしれない仕事を任せる自体が間違っている。『愚者が出てくる』とあるが、もっと踏み込んで言えば、この小説は愚者以外誰も出てこない。2019/05/05

市太郎

47
タイトルに反応してしまって、あらすじの確認もそこそこに手にとった。バイオレンス・アクション・ロードノベルとでも言うか・・・すごく簡単に内容を言うなら奇人達の殺し合いということになるだろう。(いやもう少し複雑ですが)恐れを知らない暴力等の描写には絶賛するが、さすがに今の人たちが読んでも驚きはあまり無いかも知れない。スピーディでそれなりに楽しめるのでタイトルにピンッと来て、犯罪小説が好きな人は手にとって欲しい。ヒロインの暴力に男の身としては戦慄する。暴力的でありながらどこか間の抜けた楽しさがこの本にはある。2013/09/30

KAZOO

45
結構話としてはおもしろく、映画化されたということもうなずけました。不評だったらしいのですが。この訳者(中条省平)の本は結構読みやすい気がしています。ただ題名が懲りすぎている気がするのですが。もう一度映画化してくれないですかね。メラニー・ロラン主演で。2014/11/28

藤月はな(灯れ松明の火)

36
再読。パッと見は意味不明だけど魅力的な題名とインパクトのある一文から始まる破天荒ロードムーヴィー風ハードボイルド。高校時代に嵌って県立図書館で所蔵されている分だけ、読んだっけ・・・・。いや~、最初のペーテルの糞ガキぶりは思わず、殴りつけたくなります(黒笑)自分を欲情の対象と見なした豚のようなタクシードライバーに対してのジュリーの暴力にはなぜかすっきりしますね(黒笑)そして私の仲では、天才、フエンテスのイメージはサクラダ・ファミリアの設計者であるガウディです。2013/08/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/563437

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。