光文社古典新訳文庫<br> 宝島

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
宝島

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月25日 05時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 413p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751494
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

港の宿屋「ベンボウ提督亭」を手助けしていたジム少年は、泊まり客の老水夫から宝の地図を手に入れる。大地主のトリローニ、医者のリヴジーたちとともに、宝の眠る島への航海へ出発するジム。だが、船のコックとして乗り込んだジョン・シルヴァーは、悪名高き海賊だった…。

著者等紹介

スティーヴンスン,ロバート・ルイス[スティーヴンスン,ロバートルイス][Stevenson,Robert Louis]
1850‐1894。イギリスの詩人・小説家・随筆家。エディンバラに生まれ、病弱の身ながら、ヨーロッパ、アメリカ西部、南太平洋の島々を渡り歩き、サモア諸島で没

村上博基[ムラカミヒロキ]
1936年生まれ。東京外国語大学独語科卒。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

112
有名な作品だけど、実は今まで未読だった本に挑戦。海賊が隠した宝を探して危機をやり過ごしながら旅をするなんてワクワクするしかないじゃない!しかし、本は読む時期が違っていたら感慨以外にも登場人物への好みも大分、変わってくるなとしみじみと感じました。多分、子供の頃に読んでいたら規律第一なスモレット船長に憧れを抱いただろう。でも今はジョン・シルヴァーが魅力的に思えてくるから不思議(笑)結構、冷徹なんだけど、ちゃっかりした所があるのと、感嘆した相手には敬意を惜しまない事、奥さんを大事にしている所がツボでした。2019/06/03

優希

110
言わずと知れた名作。おそらく読むのははじめてです。宝の地図に航海、冒険とワクワクしました。少年ジムが活躍するのはスカッとします。味方になったり裏切りがあったりなど、どうなってしまうのかドキドキさせられました。コックとして乗り込んだシルヴァーが悪名高い海賊なのに人間味があったりして魅力的です。最後まで謎を謎のままにしていたりするのがまた楽しいです。童心に返って楽しみました。面白かったです。2016/05/24

セウテス

62
〔再読〕現在敢えて言えば、ワンピースを思い浮かべる。宝の地図を手に入れた主人公ジムは、大地主で銃の名手トリローニ、ひたすら忠実軍人気質のスモレット、実直な海の船老レッドルース爺さん、都会的な紳士リヴジー医師など、個性的な仲間と船出する。キャラクターの個性が面白い、際立っている事も作品の特徴です。特にコックで乗り込んだシルヴァーの、実は悪役であり海賊であるという演出は印象深い。そういえばワンピースのコックも、隠された背景があった。ジョジョの冒険「ドルチ」も、本作の影響を受けている様に、冒険物語の原点だろう。2018/05/04

財布にジャック

53
宝島と聞いただけでワクワクするんですが、子供の頃読んで以来なので内容すっかり忘れていた自分にショックでした。新鮮な気持ちで読めてかえって良かったのかもしれませんが。それにしても、いきなり謎の男、そして宝の地図、極め付けに海賊シルヴァー、もうツボすぎてクラクラしました。主人公のジム少年が、大活躍で、少年少女が読んだらあこがれること間違いなしです。しかし、海賊好きな私は不覚にもシルヴァーにあこがれてしまいました!シルヴァーのその後が気になる~2010/07/15

ally

48
いや〜面白かった。元は子供向けに読み聞かせていたものを連載し、「宝島」として改めて出すときには大人も楽しめるようきちんと編集したそうです。そのため人物の作り込みも彼らの策略もしっかりしたものになっており、とても楽しめました。罵詈雑言にまみれてお宝ゲットで終わりというありきたりなあらすじかなと思っていたら、大枠はそうであれ作者が入念に作り込んだことが伺えます。解説がまた面白く、時代背景の説明や他著者の作品との関連など、読みたい本が広がる一冊でとても良い読書でした。いつか読み直そう!2018/09/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/517482

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。