光文社古典新訳文庫<br> 赤と黒〈下〉

個数:
電子版価格 ¥1,012
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社古典新訳文庫
赤と黒〈下〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月11日 10時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 645p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751463
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

内容説明

神学校を足がかりに、ジュリヤンの野心はさらに燃え上がる。パリの貴族ラ・モール侯爵の秘書となり、社交界の華である侯爵令嬢マチルドの心をも手に入れる。しかし野望が達成されようとしたそのとき、レナール夫人から届いた一通の手紙で、物語は衝撃の結末を迎える。

著者等紹介

スタンダール[スタンダール][Stendhal]
1783‐1842。フランスの小説家。代々法曹家を生んだブルジョワの家庭に生まれる。7歳のとき熱愛していた母親を亡くす。その反動からか、王党派の父親に激しく反発し、自らは共和主義者となる。ナポレオンのイタリア遠征に参加し、陸軍少尉に任官。このときから生涯、イタリアを愛することになる。その後は官僚となり、多彩な女性遍歴など、派手な生活を送る。この間、『恋愛論』『赤と黒』などを書き上げる。1842年、卒中で死去

野崎歓[ノザキカン]
1959年生まれ。東京大学文学部准教授。フランス文学研究のほか、映画評論、文芸評論、エッセイなど幅広く手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ペグ

48
題名「赤と黒」とは、主人公が目指す対象?それとも性格?熱く燃え上がる情熱と冷めた目を持つジュリヤン ソレル。登場人物の複雑な心理が克明に描かれていて、とても魅力的な小説でした。下巻、最終章に向けての、全てを受け入れたジュリヤンの安寧した心とマチルドの狂気は圧巻です!2016/11/25

くまさん

34
 近代的な上流貴族の根強い自尊心や宗教的観念の色濃いこの物語になぜ、これほどまでに夢中になってしまうのか、それはおそらく青年ジュリヤンのみずみずしい若さと情熱による。退屈と名誉、そして幾重にも捻れた野心を支配するのは、他者のまなざしと気分ではないのか? その人でなければだめだという相手を、属性でも地位でもなく唯一無二の存在として愛することはそれほどまでに困難なことなのか? ジュリヤンとレナール夫人と令嬢マイルドのあいだで相互に交わされる感情の揺らぎと反転のなかで、文章そのものの魅力とともに多くを学んだ。2019/03/27

fseigojp

34
レナール夫人は自殺できない(カソリックのため)ので、贖罪司祭のすすめによる讒言を書いてジュリアンに殺されようとした? それと貴族の若い女と一緒になるのに嫉妬の感情も抱いた?  うーん。わからん。 ジュリアンは激情に駆られレナール夫人を殺そうとしたのだが、無事とわかって最愛の人はマチルドではなくレナール夫人だったと思い知る。 ジュリアンは階級社会を告発して断頭台へ。 レナール夫人は心痛から衰弱死。 結局わかりやすいのはマチルドくらい。 2015/11/04

MINA

32
BSあらすじで、BGMでJUJUの『この夜を止めてよ』が流れてたからほぼずっと読みながら頭の中に曲が流れてた(笑)図書館に光文社新訳の『赤と黒』が無かったのでわざわざ注文。やっぱりあらすじで知ってると読みやすい。名作を前にして恐縮ではあるけれど…体調悪いからか集中力衰えてくると、もはやジュリヤンとマチルドの駆け引きとか諸々皆、己の環境や出自等自分の役どころに酔ってるだけのように思えてならずひたすら苛々。けどジュリヤンの生き様や、ラストシーンは、結構好き。ただ、一体どうしてレナール夫人は死んだんだ?2016/07/01

シュラフ

26
上流階級の欺瞞を打ち破る階級闘争の書、といった小難しい解説もあるが、私は単純に男と女の物語として読んだ。男にとって女というのは、本当に不思議である。昨日は愛情に満ちた眼差しで見つめてくれたのに、今日になってみると不機嫌な顔をしてたりする。ひと晩で彼女になにがおこったのか。自分はなにか悪いことをしてしまったのか・・・うぶな男は真剣に悩む。だがそんなに悩む必要はない。レナール夫人やマチルド嬢のめまぐるしい豹変ぶりにみられるように、女というのはそういう生き物なのである。この小説は女の不思議を描いた名作に思える。2016/12/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/540364

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。