光文社古典新訳文庫<br> 武器よさらば〈上〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

光文社古典新訳文庫
武器よさらば〈上〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月19日 20時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 273p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751340
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

第一次世界大戦の北イタリア戦線。負傷兵運搬の任務に志願したアメリカの青年フレデリック・ヘンリーは、看護婦のキャサリン・バークリと出会う。初めは遊びのつもりだったフレデリック。しかし負傷して送られた病院で彼女と再会、二人は次第に深く愛し合っていくのだった…。

著者等紹介

ヘミングウェイ,アーネスト[ヘミングウェイ,アーネスト][Hemingway,Ernest]
1899‐1961。アメリカの小説家。行動派の作家で、第一次世界大戦に赤十字の一員として従軍し、負傷する。その後、特派員として再び渡欧。スペイン内乱や第二次世界大戦にも従軍記者として関わり、その経験を元に『武器よさらば』『誰がために鐘は鳴る』を書き上げる。第二次世界大戦後はキューバに渡り、1952年に発表した『老人と海』でピューリッツアー賞を受賞。1954年にはノーベル文学賞を受賞する。晩年は健康と精神状態が悪化し散弾銃で自殺

金原瑞人[カネハラミズヒト]
1954年生まれ。法政大学社会学部教授。翻訳のほか、エッセイ、評論など幅広く手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふうらいぼう

97
第一次世界大戦の北イタリア戦線。アメリカの青年フレドリックは、看護婦のキャサリンと出会う...。モノクロのラヴロマンス物のハリウッド映画をほうふつとさせる小説。しかし、それだけには終わらない素晴らしい小説だった。続きは下巻へ。2017/01/30

優希

97
凄まじい戦争の中で出会った負傷兵と看護婦の愛の物語に引き込まれました。初めは遊びのつもりだったかもしれませんが、やがてその想いが本当の愛へと変化していくのが映画を見ているように感じます。先の見えない戦争の中で惹かれ合う2人の運命はどうなるのか気になって仕方ありません。終戦と共にその関係は終わってしまうのか、それとも愛を貫いていくのか。戦時下だから燃え上がった関係ですし、幸せにはなれないかもしれないけれど、今だけはこの熱い愛の世界の中の幸せにあることを願ってやみません。2016/11/19

扉のこちら側

92
初読。2015年1232冊め。【101-1/G1000】タイトルから『西部戦線異状なし』のような作風を想像していたら恋愛ものだった。イタリア軍士官のアメリカ人青年と婚約者を亡くした従軍看護師の恋は、戦時下の出会いからすぐに燃え上がっていく。この上巻では戦争描写も淡々と…いや、ひたひたと忍びよるように静かに進んでいく印象。下巻はどうだろう。2015/12/21

セウテス

82
〔再読〕翻訳が「僕」から「オレ」に変わり上下巻に分かれて、私的には読みやすく感じる。第一次世界大戦の北イタリアを舞台に、アメリカ兵フレデリックと、看護師キャサリンの戦場での恋物語。もともと感情表現というか、相手に気持ちを伝える事が苦手な主人公「オレ」の負傷入院中、キャサリンとの恋愛を描いたハードボイルド風の上巻である。簡潔な文章で、会話も短く淡々としており、戦線状況を客観的に述べる事に留める事で、逆に戦争の反意を浮き彫りにしていると感じる。国民性の違いなのか、いやに明るい恋愛に素直に喜べないのは私だけか。2018/07/25

マエダ

72
金原さん訳なので読了。恋愛小説?少し思ってたのと違うがそれもまた一興2018/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/561141

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。