光文社古典新訳文庫<br> 秘密の花園

個数:
電子版価格 ¥836
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
秘密の花園

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2022年05月24日 03時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 507p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751289
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

インドで両親を亡くしたメアリは、英国ヨークシャーの大きな屋敷に住む叔父に引きとられ、そこで病弱な従兄弟のコリン、動物と話ができるディコンに出会う。3人は長いあいだ誰も足を踏み入れたことのなかった「秘密の庭」を見つけ、その再生に熱中していくのだった。

著者等紹介

バーネット,フランシス・ボジソン[バーネット,フランシスボジソン][Burnett,Frances Hodgson]
1849‐1924。アメリカの小説家、劇作家。イギリスに生まれたが、早くに父親を亡くし、16歳のとき一家でテネシー州へ移住。貧しい家計を助けるため、雑誌に寄稿した小説が人気に。1886年発表の『小公子』が大ヒットし、主人公のファッションが大人の間で流行するなど、一躍ベストセラー作家となる。イギリスの伝統社会の価値観と、アメリカの大量消費文化を併せ持つ作家として、その後も『小公女』『秘密の花園』などを発表する

土屋京子[ツチヤキョウコ]
1956年生まれ。東京大学教養学部卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

122
面白かったです。少年少女の傷ついた心の癒しの物語に引き込まれました。インドで両親を亡くしたメアリは英国ヨークシャーのお屋敷に住む叔父にひきとられ、病弱なコリン、動物と話ができるディコンに出会います。お屋敷の裏に見つけた秘密の庭。その再生に熱中していくことで、メアリとコリンは自然の優しさの中で心が成長していったように思えます。自然の力がメアリを満たし、コリンを健やかにしていったのでしょう。秘密の花園は、人の心を変え、希望を与える魔法なのかもしれません。2016/05/18

naoっぴ

82
子どもの頃の私は、江戸川乱歩やルパン、ホームズが好きでこういう少女ものは読むことがなかったけど、惜しいことをしたなあ。冒険心やチャレンジ欲をくすぐられる夢いっぱいの素敵な物語でした。「良いことが起きる魔法」「思えば叶う」とは、自己啓発書にもある普遍的な幸せワードだし、ネグレクトで育った子どもの心理の歪みや、心身が健全に育つための愛情の役割といった小児心理学的な部分もあって、児童書ながらどの年代でも楽しめる話だと思います。風の匂いや草花の息吹が感じられて幸せな気持ちになりました。2017/06/02

おか

76
嬉しいーーーー*\(^o^)/*私 まだ少女の心が残っていたみたいです\(//∇//)\バーネットの「小公子」「小公女」も良いが 一番良いのはやはりこの作品!!!動物と 自然と話ができるディコン そして12人の子供を育てているディコンの母スーザン そして中心人物となるメアリとコリン。「秘密」そして「魔法」は子供にとっては宝物!!!そんな子供の素晴らしい世界で 遊ばせてもらい 泣かせてもらいました。やはり 良い作品は永遠ですね(*゚▽゚*)2018/04/19

のえる

62
図書館本。中川李枝子氏紹介で知った本書。 子どもが愛情を注がれず同世代との交流もなく育つとどうなるだろうか?愛された記憶がない不機嫌大柄わがままなメアリと、病弱ヒステリーで病気や恐怖のことばかり思い引きこもって暮らすコリン。動物と話が出来るディコンと共に“秘密の花園”を再生しながら笑顔と健康を取り戻す回復と成長の物語。大人の想像を越え子どもたちは成長を遂げる。 前半部の二人の態度があまりにも辛辣に感じつつ、悲しみに打ちひしがれ落胆し両親を始め大人に対する不信感を抱いた彼らの心情を想像すると胸が痛む。→2022/01/27

みっこ

53
読友さんのつぶやきをきっかけに読んだ作品。すごーく良かった!百の開かずの部屋と秘密の庭がある屋敷に、冒頭からワクワク。ディコンは言うまでなく魅力的だけど、メアリとコリンは初めあまりにわがままでイライラさせられた。その分ちょっとずつ変わっていく描写がいい。環境さえ整えば、子供らしさは取り戻されるものだとしみじみ思った。コリンが生きる希望を取り戻した瞬間、クレイヴン氏が再生した花園を訪れる瞬間には涙が出ました。花園の描写が美しい。『魔法』の話も素敵。ネガティヴな言葉は引っ込めて、明るい方を見て生きていきたい。2015/11/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/492190

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。