光文社古典新訳文庫<br> カラマーゾフの兄弟〈3〉

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
カラマーゾフの兄弟〈3〉

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2021年10月19日 15時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 541p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751234
  • NDC分類 983
  • Cコード C0197

内容説明

ゾシマの死に呆然とするアリョーシャ。しかし長老の遺体には、信じられない異変が起こる。いっぽう、第2巻で「消えて」いたミーチャは、そのころ自分の恥辱をそそぐための金策に走り回っていた。そして、ついに恐れていた事態が。父フョードルが殺された!犯人は誰なのか。

著者等紹介

ドストエフスキー,フョードル・ミハイロヴィチ[ドストエフスキー,フョードルミハイロヴィチ][Достоевский,Ф.М.]
1821‐1881。ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうちに、巨大な作品群を残した。キリストを理想としながら、神か革命かの根元的な問いに引き裂かれ、ついに生命そのものへの信仰に至る。日本を含む世界の文学に、空前絶後の影響を与えた

亀山郁夫[カメヤマイクオ]
1949年生まれ。東京外国語大学教授。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

215
大河小説と呼ばれるのは、ある一族の歴史であるとか、一国の興亡を描いたものだろうが、この『カラマーゾフの兄弟』は、それらに十分匹敵するスケールの小説でありながら、ここ第3部の終りまでには、たったの3日間しか経っていない。本書の亀山訳では、実に3巻、1500ページ近くを費やしているのにである。実に特異な小説というべきだろう。物語は、ここにきてドミートリーが一気に主役の座に躍り出る。しかも重大な嫌疑を受けて。4巻と5巻の一部を残すのみとなったが、終幕は全く闇の中だ。アリョーシャは、この事態にどう対処するのか。2013/04/13

ケイ

132
いよいよ起こる事件。2日目の夜から3日目。心の汚れた人達が多すぎる。グルーシェンカ、その親戚でアリョーシャとは知り合いの神学生のラキーソン。そして、お金の臭いを嗅ごうとする輩など。読むのが苦しくなった。詐欺師とは、よく語るものだなあ、恥ずかしげもなく色んなことを…。そしてまた、民とは、分かりやすく饒舌に語られることが好きなのだということを、小説はきちんと見せてくれる。2021/06/09

パトラッシュ

111
粗暴で金銭感覚が狂っていて酒色に溺れながらプライドだけは高い。両津勘吉を悪化させたようなクズ全開のミーチャが父フョードルと女を取り合ったあげく、父殺しの容疑者となってしまう。破滅へ一直線の暴走ぶりが爽快なほど生き生きと描かれ、冒頭で恩師ゾシマ長老を失い悲しみにくれる弟アリョーシャなど忘れかけた。後半の取り調べシーンはラスコーリニコフとポルフィーリイの対決のような緊張感は皆無だが、父親が修道院での食事会をぶち壊した場面を連想させる。カラマーゾフの濃密な血の匂いにむせびそうなドラマが満載だった。(4巻に続く)2020/05/05

Kajitt22

108
誰もが身に覚えのある嫉妬の感情。長男ドミートリーのそれは、性格の激しさと相まってその振れ幅が大きく、極端に自分を追い込んでいく。疾走感を持ったドストエフスキーの筆致は素晴らしく、一気に事件へと突入してしまう。虚と実を一つ一つ明らかにしていく深夜から夜明けの「予審」はカルロス・ゴーンを想起させるまさに現代のミステリーようだ。登場人物は皆一筋縄ではいかない。再読なのに手に汗を握るような読書だった。2019/02/26

kazi

85
自棄になったミーチャがシャンパンをバンバン開けまくる。新生活へ飛び立っていったと思われたグルーシェニカへの思いが成就するまさかの展開。ここから予審の下り、何回読んでもミーチャにイライラさせられる。彼のセリフの傲慢さは何なの?貴族か知らんけど、なんでこいつこんなに偉そうなん?酔っ払ってる+傲岸不遜な性格+当初自殺する気だった+金の件でイライラ、だろうけどその態度じゃ冤罪食らってもしょうがないやん。絶望的な状況でも人生投げ捨てたらあかん。感想読むと皆さん結構ミーチャに同情的だけど、その気持ち私にはわからない。2020/06/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/564899

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。