光文社古典新訳文庫<br> 鼻/外套/査察官

個数:
電子版価格 ¥671
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
鼻/外套/査察官

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年07月01日 17時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 372p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751166
  • NDC分類 983
  • Cコード C0197

内容説明

「正気の沙汰とは思えない奇妙きてれつな出来事、グロテスクな人物、爆発する哄笑、瑣末な細部への執拗なこだわりと幻想的ヴィジョンのごったまぜ」(解説より)。増殖する妄想と虚言の世界を新しい感覚で訳出した、ゴーゴリの代表作「鼻」、「外套」、「査察官」の3篇。

著者等紹介

ゴーゴリ,ニコライ・ワシーリエヴィチ[ゴーゴリ,ニコライ・ワシーリエヴィチ][Гоголь,Н.В]
1809‐1852。ウクライナ出身のロシア作家。幻想と妄想に彩られた現実をグロテスクに描き出した。『死せる魂』『ネフスキー大通り』『肖像画』『狂人日記』の小説のほか、『結婚』などの戯曲がある

浦雅春[ウラマサハル]
1948年生まれ。東京大学教授。チェーホフを中心としたロシア文学、ロシア・アヴァンギャルド芸術の研究を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

めしいらず

58
著者の代表作3編。相手の肩書きや階級によって威張ったりへつらったり態度をコロコロ変えるのに忙しい人たちの滑稽譚。頓狂で味わい深い「鼻」よりも、まるでコントを観ているような「査察官」よりも、可笑しみの中にも悲哀が滲む「外套」がいい。他人と自分を比較して尊大だったり媚びたりする同僚たちと違い主人公は慎ましい。与えられた仕事に没頭しそのことに喜びを感じている。彼のシンプルな人生観をかき乱すのは周りの者たちだ。一瞬の喜悦からやり切れぬ悲憤へ向かう彼の人生の不条理劇。所詮は人生そんなもの。小さな喜びすら奪っていく。2020/09/22

燃えつきた棒

55
『外套』 アカーキー・アカーキエヴィチとは僕だ。 それは、ちょうど「棒になった男」が僕であり、「無能の人」が僕であったのと同じように。 彼が失った「外套」とは果たして何だったのか? それは、誇りだったのだろうか? それとも希望だったのだろうか? ゴーゴリは、この作品において、生の一つの典型を見事に描ききっている。 数多のアカーキー・アカーキエビッチたちの生は、ゴーゴリによって見事に歴史に刻み込まれたのだ。 2017/08/30

マエダ

51
小説よりもゴーゴリの生涯が面白い。2019/07/08

翔亀

50
ドストエフスキーの「我々はみんなゴーゴリの『外套』から生まれた」という発言は出典が明らかではないそうだが、黄金のロシア文学の幕開けを飾る作品。人間と社会の不条理というか、外面的な<滑稽さ>に対する乾いた哄笑が渦巻き、カフカの「城」の官僚制の不気味さを喜劇に仕立て上げた感じ。「外套」では単なる服装、「査察官」では査察官という地位、こういう外面によってどれだけ人間が惑わされ変わりうるか、を冷やかに描く。でも読後感がよいのは、惑わされる人間を否定しない暖かな眼があるからだろう。明るい諦念による人生一口噺だ。2014/10/13

yumiha

49
かのドストエフスキーに「われわれはみんなゴーゴリの『外套』から生まれた」と言わしめた作品。人とのコミュニケ―ションがうまくいかずに侮られぱなしの万年九等官のアカーキー・アカーキエヴィチが、食べるものすら減らし爪に火を灯すようにして、やっと作った新しい外套。まるで「心許せる人生の伴侶」だと思うほどの喜び。それなのに……。今の日本も同様の、少し上の権力を持っているだけのエライさんの愚かな浅ましい言動をゴーゴリは戯画化する。でも作家ゴーゴリは、上から目線ではなく、生きるのが下手な痛々しい印象だったのが意外。2021/06/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/528964

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。