光文社古典新訳文庫<br> カラマーゾフの兄弟〈1〉

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
カラマーゾフの兄弟〈1〉

  • 提携先に8冊在庫がございます。(2021年09月26日 12時26分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 443p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751067
  • NDC分類 983
  • Cコード C0197

内容説明

父親フョードル・カラマーゾフは、圧倒的に粗野で精力的、好色きわまりない男だ。ミーチャ、イワン、アリョーシャの3人兄弟が家に戻り、その父親とともに妖艶な美人をめぐって繰り広げる葛藤。アリョーシャは、慈愛あふれるゾシマ長老に救いを求めるが…。

著者等紹介

ドストエフスキー,フョードル・ミハイロヴィチ[ドストエフスキー,フョードルミハイロヴィチ][Достоевский,Ф.М.]
1821‐1881。ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうちに、巨大な作品群を残した。キリストを理想としながら、神か革命かの根元的な問いに引き裂かれ、ついに生命そのものへの信仰に至る。日本を含む世界の文学に、空前絶後の影響を与えた

亀山郁夫[カメヤマイクオ]
1949年生まれ。東京外国語大学教授。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

349
『カラマーゾフの兄弟』マラソンに参加。ちょうどいい機会なので、この大作の読破に挑戦することに。まだ第1巻が終わったばかりだが、大河小説の風格が随所に感じられる。小説が書かれた時期、ロシアでは社会のあちこちで帝政の歪みと綻びが噴出しつつあった。その一方で、人々の精神的支柱としてのロシア正教会も健在であった。旧世代のフョードルとその後継者ドミートリー、無神論者のイワン、宗教と世俗の間で揺れ動かざるを得ないアレクセイ。カテリーナ、グルーシェニカ、リーズといった、それぞれに魅力的な女性たち。展開に期待し、2巻へ。2013/04/10

パトラッシュ

157
『罪と罰』は何度か読み返したが『カラマーゾフ』は云十年ぶり2回目。長いせいもあるが冒頭の老女殺害から引き込まれる前者と比べ、宗教や人生に関する議論が延々続くのに疲れたせいもあった。しかし今回再読して育児放棄されて育った3兄弟と、それを全く後悔していない父親との緊張関係が生む会話の面白さを初めて理解した。まるで似てないのに相似た部分も持つ4人が金や信仰や女性をめぐり、時には怒鳴り合いながら信念を語ることで裸の心を露呈していく。そこに浮かぶ人の矛盾や愚かさの中に、作者は神を見つけようとしたのか。(2巻に続く)2020/05/03

ケイ

142
最初に亀山氏のこの新訳を読み、その後に江川訳を読んで、頭に浮かぶ犯人が違うことに驚いたのだった。今回は最後にどう思うのかしら。3回目ともなると、人物像を把握できているから、内容もスラスラ入ってくるために、面白さが随分増している。更なる興奮だ。そして、余裕がある分、宗教についての話が入ってくる。スメルジャコフ、イワンのやり取りが興味深い。一巻の最後に、アリョーシャが今日に会った全ての人を憐れんで下さいと祈るが、まさにそうだ。そして、まだ一日経っていないのだと改めて思った2021/06/08

Kajitt22

124
人間の本質に迫るこの名作を10年ぶりに再読する気になった。序盤からすざましい人間描写に圧倒される。初読時にはおぞましい人物としか思えなかったカラマーゾフ父も今回は「こんな人もいるかもな」と妙に納得。10年で私自身どう変わったのか、変わらなかったのか、それを探るのも楽しみ。登場人物は皆濃いい。2巻へ。2019/02/11

morinokazedayori

121
★★★★『東大教師が新入生にすすめる本』という本で一位として紹介されていたので、早速挑戦。宗教観に関するくだりはパッと入ってこないが、巻末の読書ガイドにある解説が分かりやすい。長老がアリョーシャに「修行のために世俗に戻る」よう促す場面があり、印象深かった。この世の全ての辛いことを自分を高めるための「修行」と捉えることが出来れば、どんな困難にも前向きに立ち向かう力となるだろうか、と思った。なかなかそうもいかないが…。2015/08/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/578786

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。