光文社古典新訳文庫<br> 飛ぶ教室

個数:

光文社古典新訳文庫
飛ぶ教室

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 234p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751050
  • NDC分類 943
  • Cコード C0197

内容説明

孤独なジョニー、弱虫のウーリ、読書家ゼバスティアン、正義感の強いマルティン、いつも腹をすかせている腕っぷしの強いマティアス。同じ寄宿舎で生活する5人の少年が友情を育み、信頼を学び、大人たちに見守られながら成長していく感動的な物語。ドイツの国民作家ケストナーの代表作。

著者等紹介

ケストナー,エーリヒ[ケストナー,エーリヒ][K¨astner,Erich]
1899‐1974。ドイツの作家。8歳から80歳までの「子ども」たちに愛され、軽快で、簡潔で、男らしく、ユーモアにみちた作品を書いた。児童物で有名だが、大人を意識した小説やシニカルな詩も。「子どもの友」にして、大胆なモラリスト、そして辛辣な風刺家

丘沢静也[オカザワシズヤ]
1947年生まれ。首都大学東京教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はっせー

192
寄宿舎で生活する5人の少年が劇を作るにあたって色んな壁や挫折にぶつかりながら彼らなりに成長していく物語。名言も多くて読んでいて深いなーと心に沁みわたる。特に残っているのは人生は何を悲しむかではなくどのぐらい深く悲しむかが重要であるという言葉である。子どもの悲しみを軽視しないで大切に向き合って欲しい思いがここに表れていると感じた。この作品は大人が子どもを支えるのではなくお互い支え合っているように感じる。シンプルな言葉で心の底の温かい部分を刺激してくる作品であり多くの人に読んで欲しいと感じた!2021/03/30

Willie the Wildcat

142
親友であり師と呼べる人たちとの出会いは一生の宝。友人が親友となり、先生が師となる瞬間。特に苦境の時の言動が、その人の本質を描写。マルチンに応える正義先生。師弟関係斯くあるべき!マルチンが実家の扉を開けた最後の場面は、頭でわかっていてもグッとくる。クリスマス休暇後の5人組と2人の先生たちの”再会”も、もれなく心温かいはず!”郵便切手”の件では、義母の心遣いを思い出す。USでの新婚当時、大学からの薄給の中での支援。切手がたくさん貼っている日本からの小包が、どれだけ心の救いとなったことか。感謝。2017/03/22

おくちゃん🎋柳緑花紅

105
8才から80才までの子どもに。かつて少年だった大人たちへ。大切なプレゼントをいただいた気分。正義さん、禁煙さん、クロイツカム先生のなんて魅力的な大人だろうか‼ジョニー、マティアス、ウーリ、セバスティアンそしてマルティン達五人のなんて伸びやかで愛おしい少年だろうか‼ほろりと涙が溢れそうになったり笑顔になったりキラキラと輝く‼クリスマスに再読したい一冊。丘沢静也さんの訳がとても良かった。2016/06/24

アキ

104
本年4月開講のNHKラジオ高橋源一郎の「飛ぶ教室」。なぜそのタイトルにしたか彼が語っていた。1933年ナチスが政権をとり、彼の本を含め自由な作風の本は焚書されたがそれを見に行ったことで知られる。児童文学だけは書くことを許され、彼は寄宿舎で生活する5人の仲間の物語を書いた。そしてこのタイトルに自由でどんな場所でも行える授業をラジオで学ぶ番組のタイトルにふさわしいと思ったと。ベーク先生の塔の部屋がジョニーたちにとって特別な部屋になったように、ラジオのこの番組が自分にとっての特別な部屋になる予感がする。再読本。2020/04/14

hnzwd

100
遠い昔に読んだ本を久しぶりに読みました。親元を離れ同じ寄宿舎で暮らす5人の少年(と2人の大人)の、クリスマスの帰省前の一週間程度のお話。仲の悪い学校の生徒達との戦いのシーンなど、名場面に継ぐ名場面でした。劇の詳細は練習シーンで見せ、本番シーンはラストシーンと観客の喝采だけとするあたりも素晴らしい。子供に安心して進められる名作。。と、思ったらあとがきとかで訳者が結構過激発言を!!なるほど、と思う部分もあるものの、こういうのは自分で確かめないとね。ってことで、次も『飛ぶ教室』。2015/12/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/571098

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。