光文社古典新訳文庫<br> リア王

個数:
電子版価格 ¥550
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
リア王

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月26日 13時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 287p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751012
  • NDC分類 932
  • Cコード C0197

内容説明

とつぜん引退を宣言したリア王は、誰が王国継承にふさわしいか、娘たちの愛情をテストする。しかし結果はすべて、王の希望を打ち砕くものだった。最愛の三女コーディリアにまで裏切られたと思い込んだ王は、疑心暗鬼の果てに、心を深く病み、荒野をさまよう姿となる。

著者等紹介

シェイクスピア,ウィリアム[シェイクスピア,ウィリアム][Shakespeare,William]
1564‐1616。イギリスの劇作家、詩人。若くして故郷を出、ロンドンで役者となった後、座付作者として活躍。『ハムレット』『オセロウ』『リア王』『マクベス』の四大悲劇など、37編の劇を残し、エリザベス時代を代表するばかりか、時代と国境を超えて、世界文学史上最大の作家の一人に数えられている

安西徹雄[アンザイテツオ]
1933年生まれ。上智大学名誉教授。また、「演劇集団“円”」を拠点に、シェイクスピアをはじめ、多くの芝居の翻訳・上演にたずさわってきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ

101
400年以上前の1605年の有名な戯曲。リア王を老いという観点で読んだ。3人の娘に財産を分けた理由が不明で、その後の娘への高圧的な態度と怒りにまかせた行動は理解に苦しむ。道化は立場に捉われない真実を指摘する。狂気と怒りにまみれ、誰もを信じられなくなり、娘に見捨てられ、和解した唯一の三女コーディリアと共に死す運命。ケントやエドガーの献身を除けば、なんという救いのなさ。リア王の叫び「文明の皮を剥ぎ取れば、人間、たったこれだけの素裸の哀れな二本脚の動物にすぎぬのか。捨てろこんな借り物。こいつを引き破ってくれ!」2021/08/01

molysk

63
老いたリア王は引退を宣言して、三人の娘が国土の継承に値するかを試す。阿諛追従の姉二人は巧言を弄するが、朴訥な三女コーディリアは父の怒りを買って縁を切られる。領土を得た姉二人は転じて父を虐げ、リアは正気を失って流浪する。フランス王妃となったコーディリアは、父を救うために夫とイギリスに攻め込むが、戦いに敗れて父とともに捕縛される。リアは忠実な旧臣に救い出されるも、扼殺されたコーディリアの姿に絶望して、息絶える。善良なるコーディリアが非業に倒れる筋書きは、シェイクスピア四大悲劇の中でも、特に悲劇的といえる。2021/04/17

ロドリゲス

48
リアは長女・次女と生活するも、娘達に厄介者扱いされ、追放されます。それまで富や権力に恵まれ、何不自由なかったリアが我が娘に仕打ちを受け、見捨てらます。欲望というのは家族愛や兄弟愛をも奪ってしまいます。 本作品は、人間は権力・財力・名声などを得たとしても、決して幸福だとはいえない。むしろ欲により確執が生まれ、それが家族から国への崩壊の引き金になっていく。どんなに欲を満たしても、決して人として忘れてはならない物があるということを訴えた傑作だと思います。 初めての戯曲ですが、とても面白かった。 ★★★★★ 2018/08/18

しゅてふぁん

43
結末は確かに悲劇、だが全編を通してドタバタしていた印象で悲壮感は漂っていなかった。嵐の夜のリア王は哀れではあったけれど、猛々しかったしなぁ(-_-;)シェイクスピア作品はどれもロマンチックなものだと思っていたが、恋愛が絡まないとそうでもないんだな。2018/06/03

tokko

42
どうも戯曲は苦手なので敬遠していたシェイクスピア。しかし訳が良かったのかそれとも作品が持っている底力なのか、難なく最後まで一気に読めた。さすが悲劇とだけあって誰も幸せにならない。その辺の「えげつなさ」は現代にまで残っているだけあって、手を抜かないですね。せっかくなので他の三つの悲劇も読んでみよう。2016/11/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/538470

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。