光文社新書<br> ネットで故人の声を聴け―死にゆく人々の本音

個数:
電子版価格 ¥1,232
  • 電書あり

光文社新書
ネットで故人の声を聴け―死にゆく人々の本音

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月04日 19時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 428p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334045982
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C0236

出版社内容情報

死を前にした人々が書き綴ったHPやブログを収集し、遺族にも取材。死を前に極限状態に置かれた人間のあり方を知ることができる。

内容説明

いわゆる「闘病ブログ」やそれに類するホームページ、日々を綴ったSNSの残された投稿からは、故人が生前に抱いた死に際しての本音が聞こえてくることがある。一歩踏み入れた先には、ごく近い家族ですら聞けなかった、本音が広がっている可能性もある。絶えずファンが“墓参”し追悼が続いているケースや、放置されずに何代にもわたって運営が継続され、守り続けられているサイトもある。インターネットと「死」をとりまく環境は時代によって大きく変化していく。消えずに残された過去は、生きている私たちの現在と未来をどう方向づけるのか?故人がインターネットに残した足跡とどう向き合うのが正解なのか?空間や時間をこえて届いた鮮烈なメッセージに耳を傾ける。

目次

高校2年で死を受け入れた人の声―ワイルズの闘病記
京大院生が残した剥き出しの思考―ヨシナシゴトの捌け口
安寧を探し求めた先の諦観、そして自殺―気味が悪い、君
大量の吐血の後に吐き出した覚悟のブログ―日本一長い遺書
対談1 故人のサイトに流れる時間と真贋
4代にわたって引き継がれている個人のサイト―轟木敏秀のホームページ
死を覚悟した空手家ベーシストの軌跡―中鉢優香バッチ/Instagram
41歳で余命を知った医師が残した死への記録―肺癌医師のホームページ
オンラインに生きた人間が刻んだ極限の生き様―一撃確殺SS日記
対談2 時代の変化と、故人のサイトを扱う罪悪感〔ほか〕

著者等紹介

古田雄介[フルタユウスケ]
ライター・ジャーナリスト。1977年生まれ。名古屋工業大学卒業後に上京し、建設工事現場監督と葬儀社スタッフを経て、2002年に編集プロダクションに入社し現職へ。07年にフリー記者として独立後、インターネットと人の死の向き合い方を考える取材を重ねるようになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。