光文社新書<br> 人生を変えた韓国ドラマ 2016~2021

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

光文社新書
人生を変えた韓国ドラマ 2016~2021

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月26日 17時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 468p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334045760
  • NDC分類 778.8
  • Cコード C0295

出版社内容情報

『定年後の韓国ドラマ』(幻冬舎新書)の著者が、「愛の不時着」を嚆矢とする第4次韓ドラブームの背景と、100本近い作品を解説。

内容説明

日本における韓国ドラマブームは、俳優が話題の中心となった「冬のソナタ」出現の二〇〇三~一〇年を第一次とすると、二〇一一~一五年の第二次はシナリオ・発想・シノプシス・プロットの充実期であり、二〇一六年から始まった第三次ブームは、K‐POP人気に加えて、ケーブル三局―JTBC・tvN・OCNの躍進が加わり、これによって「韓国ドラマ」のクオリティはアメリカ・ドラマに匹敵するほどの水準にまで引き上げられた。そして、二〇一九~二一年の第四次ともいえるブームは、まさに第三次以降の成熟による一大ルネッサンス期―黄金期であり、「愛の不時着」「梨泰院クラス」「賢い医師生活」といった秀作を続々と生み出した。―世界を席巻する韓国ドラマの魅力を傑作80選とともに徹底解説!

目次

序章 韓国ドラマ新時代の到来
第1章 地上波の失速とケーブル局の台頭
第2章 ケーブル局製作ドラマの研究
第3章 地上波の停滞とその実態
第4章 二〇一〇~二〇年代の地上波ドラマの佳作 二〇一五~二〇二〇
第5章 三大ケーブル局(tvN・JTBC・OCN)が生んだ第四次韓国ドラマブーム
第6章 ネット独占配信のケーブル局代表作ベスト3 徹底解析
第7章 ケーブル局で開花した男優・女優
第8章 K‐POPメンバーのドラマ進出
第9章 ドラマOSTの充実と躍進
終章 韓国ドラマの未来

著者等紹介

藤脇邦夫[フジワキクニオ]
1955年広島県生まれ。大学卒業後、専門学校、業界誌を経て、’82年、出版社入社。2015年定年退職、以後、文筆業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ごへいもち

26
ネタバレを踏みたくないので未視聴のドラマについては読まなかったら読める部分が少なかった。つまらなかった「紳士の品格」について何ページも記述(◎_◎;)。その他つまらなくて中断したドラマも褒めているようなので著者とは好みが違うらしい。唯一「未生」だけ。それでも見てみたいと思ったドラマはコメントに2022/01/09

Rie【顔姫 ξ(✿ ❛‿❛)ξ】

16
配信サービスで次にみるドラマの参考になるかな、と思い読んでみたけれど、著者の韓国ドラマ論の色彩が強く、また見てないドラマについてはネタバレになっているため少し微妙な感じがした。既にみたドラマについては理解が深まったと思う。2021/12/30

あまね

16
読書も大好きですが、韓ドラも大好きな私。とても参考になる本でした。著者の藤脇さんの論評は的を射ていて感心します。私も『名作』だと思っている作品は、藤脇さんも論評に数ページを割いていらっしゃっていて嬉しいです。なので、論評の長いまだ未視聴の作品は必ず見ようと決意‼️(笑)。本も読みたい。韓ドラも見たい。あぁ、時間が足りない。(苦笑)2021/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18919845

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。