光文社新書<br> ディズニーとチャップリン―エンタメビジネスを生んだ巨人

個数:
電子版価格 ¥990
  • 電書あり

光文社新書
ディズニーとチャップリン―エンタメビジネスを生んだ巨人

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月29日 05時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 296p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334045470
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0234

出版社内容情報

ディズニーはチャップリンに憧れ、チャップリンになりたかった。知られざる1人の関係をチャップリン研究の第一人者が描く。

内容説明

固い友情と時代に翻弄された離別。知られざる二人の師弟関係。

目次

第1章 チャーリーとウォルト
第2章 キャラクターの権利の発明者チャップリン
第3章 ミッキーマウスの誕生モデルはチャップリン
第4章 放浪紳士チャーリーとミッキーマウス―なぜ両者は世界的なアイコンとなったのか?
第5章 戦争二人の別れ
第6章 二人の巨人のレガシー
エピローグ 二人が最後に見た夢

著者等紹介

大野裕之[オオノヒロユキ]
1974年大阪生まれ。脚本家・演出家・日本チャップリン協会会長。大阪府立茨木高校卒。京都大学総合人間学部卒、同大学院人間・環境学研究科博士課程所定単位取得。専攻は映画・演劇学、英米文化史。国内外のチャップリン関連企画やブルーレイ等を監修するなど、遺族の信頼もあつく日本でのチャップリンの権利の代理店も務める。著書に、『チャップリン 作品とその生涯』(中公文庫)、『チャップリンとヒトラー メディアとイメージの世界大戦』(岩波書店、第37回サントリー学芸賞)他多数。。創作では、映画『太秦ライムライト』(第18回ファンタジア国際映画祭最優秀作品賞)、『葬式の名人』他のプロデューサー・脚本を担当。2006年ポルデノーネ無声映画祭特別メダル、14年京都市文化芸術産業観光表彰「きらめき賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はっせー

119
ハリウッドを語る上ではこの2人を抜いては語れないと言われるディズニーとチャップリン。同時代に活躍した2人を比較してまとめている。私が驚いたのは、ディズニーがチャップリンをイメージして作り出したのがあのミッキーマウスなのである!初めて知ったときはかなり驚いた。そして納得した。だから世界中で愛されているんだなと。チャップリンはエンタメ界で初めてコンテンツとしての広まったのである。ディズニーは数多くのことをチャップリンから学んだ。特に強調したのが著作権である。これを絶対に他人に渡すなと。ためになる話であった!2021/07/30

Cinejazz

13
W.ディズニ-(1901-1966) にとって、 C.チャプリン(1889-1977)は、12歳年上の神様的存在だった。動植物や自然の風景画を描くことが趣味のディズニ-の憧れは、<放浪紳士チャ-リ->のキャラクタ-でサイレント映画のトップスタ-の座にあったチャプリンだった。この二人が出会い、両雄が君臨した1930年代はハリウッドの黄金時代であり、この時代の三大メガヒット作品は『風と共に去りぬ』『白雪姫』『独裁者』だった。やがて二人の師弟関係は、共産主義者弾圧の気運が高まり、決定的な破局をもたらすことに。2021/08/13

本の妖精@バレリーナになる🩰

7
世界的に愛されている、チャーリー・チャップリンとミッキーマウスを生みだしたウォルト・ディズニーのお話! 2人が同じ時代に生きて会っていたことを初めて知った!ウォルト・ディズニーがチャップリンに憧れていたなんて驚き😲それにディズニー社が最初は売れてなかったのも初めて知った!2021/12/21

yurinessa

4
同じ時代を生きたウォルト・ディズニーとチャーリー・チャップリン。ふたりの偉人が世界に残した偉業は計り知れない。ふたりの友好やビジネスでの関係が知れてわかり易かった。戦後にはそれぞれの道を歩むことになってしまうけれども思想や生き方の違いはあれど、ユーモアのセンスや追い求めた夢には共通点があったということ、また現代において最大限に人々を楽しませてくれるエンタメの先駆者であったことは紛うことなき事実。ラストの締めくくりが微笑ましかった。2021/10/03

ぽん

4
チャップリンは動いている映像が最初に世界中に認知されたキャラクターということ、ディズニーとの共通点を考えたことがなかったのだけれど、この業界では常識的な視点なのかな/まだ長編を作る前の1934年、すでにディズニー社の売り上げの大半がグッズ収入ってまじか。こんな早い段階でか/チャップリンに関しては、世論の変化が凄まじい。当初ヒトラーの側を支持した財界・政界。事実上の国外追放2021/08/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18142706

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。