光文社新書<br> もしも、私が「がん」になったら。―81歳、現役医師の準備と決意

個数:
電子版価格 ¥924
  • 電書あり

光文社新書
もしも、私が「がん」になったら。―81歳、現役医師の準備と決意

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年12月03日 01時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 248p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334045340
  • NDC分類 494.5
  • Cコード C0247

出版社内容情報

「がんを遠ざける生き方はあるのか」といった医学と日本の常識と向き合い、本当の健康、本当の寿命、そして人生の幸せについて考える。

内容説明

日本人の2人に1人ががんになる時代―。がんは誰もがなりうる病気です。家族や友人に見つかり、次は自分が…と恐ろしくなったこともあるかもしれません。でも、がんになったときどうするのかを「自分ごと」として考えたことはありますか。人生100年時代、がんについて考えておくことは、自身の生き方を考えることでもあります。あなたが、がんになったらどうするか?妻や夫ががんになったら、どう生きるか?がんを寄せつけないためにできることはないか?81歳、後期高齢者の元気な医師、藤田紘一郎先生と一緒に考えてみましょう。

目次

第1章 もしも、私が「がん」になったら(がんになっても仕事は続け、旅行もする;がんになっても標準治療は受けない ほか)
第2章 私が、がんの三大治療を受けない理由(がんを治すのではなく、おとなしくさせる;ステージ1でも私は治療を受けない ほか)
第3章 がんを知れば、がんとのつきあい方が決まる(バツイチ男はがんになりやすい;遺伝が原因となる確率は5パーセントにすぎない ほか)
第4章 がんを抑える食事、がんをつくる食事(免疫力の7割が腸に集まっている;危険な「腸もれ」を放っておかない ほか)
第5章 がんを遠ざける生活習慣のコツ(食事でストレスを発散する人は、がんリスクが高い;12時間「何も食べない時間」をつくる ほか)

著者等紹介

藤田紘一郎[フジタコウイチロウ]
医師・医学博士。1939年、旧満州生まれ。東京医科歯科大学卒。東京大学大学院医学系研究科修了。金沢医科大学教授、長崎大学教授、東京医科歯科大学大学院教授を歴任し、現在は東京医科歯科大学名誉教授。専門は、寄生虫学、熱帯医学、感染免疫学。日本寄生虫学会賞、講談社出版文化賞・科学出版賞、日本文化振興会・社会文化功労賞および国際文化栄誉賞など受賞多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

メタボン

34
☆☆☆☆ これは良書だった。がんは細胞の老化であり誰もがなる病気。75歳を過ぎたら、がんを治すことよりも、がんと共生することも考えてはという呼びかけは納得性がある。老化を防ぐためにも免疫力を高めることが大事。ブロッコリーにオメガ3脂肪酸が豊富な亜麻仁油やエゴマ油をかける、食事の前に味噌キャベツ、週に2回の肉(タンパク質)摂取、酢を取り込む習慣、適度な運動、フライドポテト・ポテトチップ・インスタント麺は極力食べない、空腹の時間を取る心がけなど、生活習慣の改善を意識したい。2021/12/01

千草

7
現役のお医者さんがガン治療について書いた本。長生きすれば誰でもが、癌になってもおかしくない。手術で切除し身体にダメージを与える事も、抗がん剤で抵抗力を弱めることも避けるなら、治療しない方が良い。なるほどーと思う。75歳からは、私も検診やめようかと思った。常に「只今臨終」の思いで生きていこう!2021/11/30

Go Extreme

4
がんになったら:仕事は続け、旅行もする 標準治療は受けない 老化現象 亡国の薬 生き方と生活の質 免疫力 NK細胞 がんの三大治療を受けない理由:治す<おとなしくさせる ステージ1でも治療を受けない どう生きるか 一喜一憂しない センテナリアン・慢性炎症少ない がんを知る→つきあい方が決まる:バツイチ男 遺伝が原因となる確率は5% 低糖質・高酸素・高体温 がんを抑える・つくる食事:免疫力の7割が腸 腸もれ 食前キャベツ がんを遠ざける生活習慣のコツ:×食事でストレスを発散 12時間・何も食べない時間2021/05/16

神谷孝信

2
がんを恐れている私としては参考にしたいと読み始め、色々と参考にしていきたい内容だった。42021/06/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17862592

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。