光文社新書<br> クワバカ―クワガタを愛し過ぎちゃった男たち

個数:
電子版価格 ¥1,034
  • 電書あり

光文社新書
クワバカ―クワガタを愛し過ぎちゃった男たち

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月20日 05時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 247p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334044879
  • NDC分類 486.6
  • Cコード C0245

出版社内容情報

クワバカとは、「クワガタムシに魅せられ、バカの境地に達した男」のこと。彼らの姿を講談社ノンフィクション賞作家が描く――。

内容説明

クワバカ―クワガタムシを愛し、人生のすべてを賭してしまった男たちのことだ。ハブに咬まれても採集をやめない男、一回の勝負に数十万円を費やす“闘クワガタ士”、採集のためにインドネシアへ移住した世界的コレクター。そんな男たちを取材するうちに、著者自身もクワガタの沼へ少しずつはまっていった。そして、そのクワバカたちにも底知れない魅力を感じていき―。少年時代を想起させ、なぜか羨ましさも感じさせる不思議な男たちを描く、傑作“昆虫”ノンフィクション。

目次

第1章 魔性のクワガタ(クワガタ界のカリスマ;ギネス競争 ほか)
第2章 戦うために生まれてきた(世界の二強;総額一〇〇万円の大会も ほか)
第3章 血の力(オオクワブリーダーのアジト;一〇〇〇万のオオクワは宣伝 ほか)
第4章 コーカサスに恋して(ガのペルシャ絨毯;世界一のクワガタ王国 ほか)

著者等紹介

中村計[ナカムラケイ]
1973年生まれ。ノンフィクションライター。千葉県船橋市出身。同志社大学法学部政治学科卒業後、某スポーツ新聞社に入社するも七カ月で退職。以降、スポーツを中心に様々なノンフィクション作品を発表している。著書に、『甲子園が割れた日 松井秀喜5連続敬遠の真実』(新潮社、第一八回ミズノスポーツライター賞最優秀賞)、『勝ち過ぎた監督 駒大苫小牧 幻の三連覇』(集英社、第三九回講談社ノンフィクション賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よしたけ

36
クワガタに人生を捧げた男達-クワバカ。1mmでも大きいクワガタを求め職を捨て離島移住し、ハブに怯え乍も夜の森を歩き続ける。そんなクワバカ達も希少種保護を目指した政府による採取規制、養殖クワガタの定着・放虫による野生種減少に頭を悩ませる。採取規制についていえば、採集圧より森林開発圧の方が影響特大だろうが、施行のし易さ・アピール効果で狙い撃ちされているという悲しい現状。コレクションは10億でも売らない、親が自分の子供を売らないのと同じだ、と言ってのけるクワバカには頭が下がる。何かに夢中になるってこういうこと。2021/02/19

糜竺(びじく)

23
お金や見栄とかではなく、自分の好きなことで生きている人達をまざまざと見せつけられた感じ。僕は嫌いじゃない。2021/12/29

クサバナリスト

6
単なる虫好きではない‼ 人生をかけてのめりこむほど、『バカ』と言えるまでになった虫好きたち記録だ。2020/10/06

Koki Miyachi

5
クワガタを愛しすぎてしまった男をクワバカというらしい。希少な大型のクワガタを探し求める男たち、クワガタバトルに燃える男たち、オオクワブリーダーの世界、コーカサスオオカブトに魅入られてインドネシアに移住した男。ここには様々なクワガタフリークの独特のカルチャーと男たちの生き生きとした生き様がある。取材を進めるながら、次第に自分もクワバカ化してゆく筆者も実に愛すべき人物である(笑)2020/11/20

茶幸才斎

4
南西諸島の島々で1ミリでも大きなマルバネクワガタの採集に心血を注ぐ者。フィリピン産大型種を互いに闘わせるクワガタ相撲に熱狂する者。オオクワガタの養殖を極め独自の数式で個体の価値を測る者。インドネシアで標本商を営みコーカサスオオカブトの13センチの標本は10億円でも売らない者。好きが高じて一線を超えた人々の話。子どもの頃は、時間を忘れ熱中する対象が幾つかあった。いつの間にか、そのどれもが縁遠くなった。本書に登場する彼らにならい、自身のあり得たかもしれない架空の人生を試しに夢想してみる。駄目だ。ゾッとするね。2020/12/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16430552

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。