光文社新書<br> AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

光文社新書
AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2022年01月17日 07時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 472p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334044817
  • NDC分類 210.7
  • Cコード C0272

出版社内容情報

戦前・戦中の広島や沖縄、東京など日本各地の日常風景と、それを奪った戦争の姿を、最新のAIに人の力を加えてカラー写真化!

内容説明

戦前から戦後の貴重な白黒写真355枚を最新のAI技術と、当事者への取材や資料をもとに人の手で彩色。カラー化により当時の暮らしがふたたび息づく。

著者等紹介

庭田杏珠[ニワタアンジュ]
2001年、広島県生まれ。東京大学に在学し「平和教育の教育空間」について、実践と研究を進める。2017年年、中島地区(現在の広島平和記念公園)に生家のあった〓井〓三氏と出会い「記憶の解凍」の活動を開始。これまでに展覧会、映像制作、アプリ開発など、アートやテクノロジーを活かした戦争体験者の「想い・記憶」の継承に取り組む。国際平和映像祭(UFPFF)学生部門賞(2018年)、「国際理解・国際協力のための高校生の主張コンクール」外務大臣賞(2019年)などを受賞

渡邉英徳[ワタナベヒデノリ]
1974年、大分県生まれ。東京大学大学院情報学環教授。情報デザインとデジタルアーカイブによる記憶の継承のあり方について研究を進める。これまでに「ヒロシマ・アーカイブ」「ナガサキ・アーカイブ」などを制作。2016年より白黒写真のカラー化を始め、2017年より庭田と共同で「記憶の解凍」に取り組む。岩手日報社との共同研究成果「忘れない:震災犠牲者の行動記録」は日本新聞協会賞(2016年)を受賞。その他、文化庁メディア芸術祭、アルスエレクトロニカなどで入選・受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ばたやん@かみがた

115
1930年代半ばから戦争直後までの日本の家庭で撮られた写真を、AIの力も借りてカラー化して時系列に展示して行きます(戦局や時流を示すものは資料写真あり)。著者らはこの作業を「記憶の解凍」と呼んでますが、その言葉通り21世紀に生きる我々にもグッと身近な存在として写っている人物を感じられる様になります。写真提供者がご自分が幼い時のものを出していることもあり、特に戦争前のものは圧倒的に幼稚園児から小学生が中心に写っていることが多い。広島や大阪から提供されたものは、広告や商店街の模様など懐かしさを(1/n)2021/04/06

はるを

110
🌟🌟🌟🌟🌟。コレは新書大賞をあげたいくらいの傑作。新書で写真集なんてありそうでなかった。確かに戦争時代の写真は全てモノクロでそれがどこか他人事のような距離感を生んでいた事は解る。それが、カラーになっただけで途端に地続きになり現代まで繋がってくる効果が凄い。これほどハッキリ「写真を読む」経験は初めてかも知れない。皮肉にもよく出来過ぎていて毎日数ページ写真を読んだだけでキチンと憂鬱になる。本当文字通り日本列島は焦土と化した事がよく解る。戦争についてまず何から勉強しようかと思っている人には最適。2021/02/13

keroppi

84
白黒写真に色をつけていくことを「記憶の解凍」と読んでいる。AIだけでは出来ない着色を人の記憶によって呼び覚ますのだ。そして、着色された写真は、さらに人々の記憶を蘇らせる。それは、確かに生々しく、今生きている人のように。写真によっては、まだ途中段階と見えなくもないものもあるが、色とは、こんなに人の記憶と結びついているものなのだ。すでにその記憶を持った人も少なくなってきている。この本によってこの活動がさらに深められることを祈りたい。カラー化された原爆のキノコ雲は、オレンジ色だったのだ。2020/10/29

ばう

80
★★★★ AIが色付けした写真を人が手作業で色補正して蘇った戦前から戦後にかけての写真が収録されています。カラー化されると途端にその時の光、匂い、人々の声まで蘇ってくるようだから不思議。防毒マスクと鉄砲を身につけて戦争ごっこをする子供達の無邪気で楽しそうな笑顔に怖さを感じる。戦前の人々の穏やかな笑顔の写真と戦争で焼け野原となった町や虚な表情の兵士や市井の人々の写真の対比に胸が痛むけれど出来れば沢山の人に手に取ってもらいたい一冊。カラー化された事でより身近に戦争の事を考えられるかもしれないから。2021/02/04

Mr.チャーリー

74
カラー化した写真によって、日本の戦前と戦争中の時代に、僕自身が想像していた以上に引き寄せられるとは思ってもいませんでした。今までモノクロでしか見ることがなかったその時代。AIと戦争体験者との対談などで蘇った当時の色彩。AIや人々の記憶の限界で、けっして真の色ではないと筆者は述べています。しかし当時のモノクロ写真をカラー化したことは、遠い昔の戦争が、今の日常と地続きになり、とても大きな功績だと痛感しましたし、価値ある本だと思います。2020/08/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16171489

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。