光文社新書<br> 21世紀落語史―すべては志ん朝の死から始まった

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

光文社新書
21世紀落語史―すべては志ん朝の死から始まった

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月20日 03時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 384p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334044558
  • NDC分類 779.13
  • Cコード C0276

内容説明

21世紀早々、落語界を大激震が襲う。当代随一の人気を誇る、古今亭志ん朝の早すぎる死だ(2001年10月)。志ん朝の死は、落語界の先行きに暗い影を落としたはずだった。しかし、落語界はそこから奇跡的に巻き返す。様々な人々の尽力により「落語ブーム」という言葉がたびたびメディアに躍るようになる。落語界が一丸となって「志ん朝の死」という悲劇を乗り越える中で「落語ブーム」が訪れ、それが今の活況に結びついている。いわば、「すべては志ん朝の死から始まった」のだ。本書は、「志ん朝の死」で幕を開けた21世紀の落語界の現在に至るまでの出来事を、落語ファンとして客席に足を運び続けた立場から振り返り、落語史の折り返し地点とも言える「激動の時代」の記録を後世に伝えるために書かれたものである。

目次

すべては志ん朝の死から始まった
21世紀の「談志全盛期」の始まり
小朝が動いた―2003年「六人の会」旗揚げ
昇太も動いた―2004年「SWA」旗揚げ
2005年の落語ブーム―立川談春・タイガー&ドラゴン
「旬の演者」を紹介するガイドブックがなぜない?―市馬・喜多八・文左衛門・立川流四天王
若手の大躍進―喬太郎・白酒・一之輔・こしら
談志が死んだ
圓楽党と「七代目圓生問題」
柳家小三治が小さんを継がなかった理由
「二ツ目ブーム」の源流―白酒(喜助)・三三
プチ落語ブーム―『昭和元禄落語心中』・シブラク・成金
その後の立川流
落語界の未来予想図

著者等紹介

広瀬和生[ヒロセカズオ]
1960年、埼玉県所沢市生まれ。東京大学工学部都市工学科卒。音楽誌「BURRN!」編集長。落語評論家。学生時代から寄席通いを続け、ほぼ毎日ナマの高座に接している。落語関係の著書多数。近年では落語会プロデュースも(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

gtn

27
志ん朝の死により、「重し」が取れ、心ある噺家の責任感と自由な発想を促したことが、現在の落語ブームにつながったと説く。関西在住者としてはあまり実感はないが、おそらく著者のいうとおりなのだろう。巷間とやかく言われる談志と志ん朝の人間関係も、「でもまさか志ん朝が死ぬとは…」との談志の言葉に凝縮されているとも。正鵠を射ており、著者の弁の信用度を高めている。2021/06/08

ネギっ子gen

17
本書は、<「志ん朝の死>で幕が開けた21世紀の落語界の現在に至るまでの出来事を、落語ファンとして客席に足を運び続けた立場から振り返り、落語史の折り返し地点とも言える「激動の時代」の記録を後世に伝えるために書かれた>新書。BS朝日の新たな寄席番組。二人の噺家を招いて<同じ噺>を演じてもらうという、落語界の御法度をぶち破る、「御法度落語 おなじはなし寄席」が誕生したことを受け、読む。漫画『昭和元禄落語心中』に言及しているのも、嬉しかった。が、あれ、これまだレビューしてなかったか……。さて、表紙がこれって……⇒2021/01/21

緋莢

15
2001年10月。63歳という若さで亡くなった古今亭志ん朝。その死はまさに“事件”で、それにより落語界に大きな変化が起こり…というところから始まります。志ん朝の死は勿論、大きなマイナスであったのですが、同時に危機意識が芽生え、また春風亭小朝の団体の壁を超えるイベント開催などが起きたというプラスの面もあったというのは興味深かったです。立川談志、柳家小三治ら有名どころは勿論 二ツ目人気の原動力となった若手たちなど、「旬の演者」を紹介するガイドブックが無かった事から(続く2021/08/08

kenitirokikuti

9
図書館にて。落語を扱ってる新書として読んだので、その意味はあんまり引っかからなかった▲『昭和元禄落語心中』については、こちらとしてはアニメファン以外の視点が見られて興味深かった(まぁ、アニメ版の方は相手にされてないけれど…)▲女性の噺家?はすごく少ないとのこと。大学の落研には女も多いそうだけど。落語は特に女が演じるという観点がない、なかった、そうな。2020/10/04

やまねっと

8
ウェブ連載から読んできたが、このように単行本になり改めて読むと、その情報量に圧倒された。僕は関西に住んでいて上方落語をよく聴くが、江戸落語が大好きである。来阪する三三や小三治を良く観に行く。ここの本に登場する噺家もまだ見ぬ巨人が多いので、関西での吉田食堂さんはありがたい存在である。江戸落語2000年からの20年史なので初心者が読んでも読みやすいし、ここに書かれた噺家の凄さもわかると思う。立川流の役割、というか談志の役割が志ん朝亡き後落語界を引っ張っていたと思う。そんな中、小三治は孤高の存在になったと思う。2020/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15094702

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。