光文社新書<br> 12階から飛び降りて一度死んだ私が伝えたいこと

個数:
電子版価格 ¥993
  • 電書あり

光文社新書
12階から飛び降りて一度死んだ私が伝えたいこと

  • ウェブストアに185冊在庫がございます。(2019年05月20日 17時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 358p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334044060
  • NDC分類 916
  • Cコード C0236

内容説明

自殺・性転換・うつ・孤独―『日本の戦争は自殺だ』経営者、漫画家でもあるモカが壮絶な半生の後、無償でお悩み相談を始めた「貢献」の境地とは。

目次

第1章 日本社会の一番の闇「自殺」と向き合う
第2章 飛び降りたあの日
第3章 迷い続ける10代
第4章 年収1千万円
第5章 「女の子」になる
第6章 夢の漫画家、そして鬱
第7章 貢献に生きる
第8章 これからの理想の世界
第9章 600人の悩みと向き合い、見えてきたこと
第10章 悩んでいるあなたへ
第11章 モカとは何者か

著者等紹介

モカ[モカ]
1986年東京都生まれ。経営者、漫画家、元男性のトランスジェンダー。幼少期から性別への違和感を抱え、10代半ばから東京・新宿二丁目に出入りする。銀座ホステス、ウェブデザイン制作会社勤務を経て、2007年に女装イベント「プロパガンダ」創設。日本最大規模の女装イベントに育て、年収1千万円を超す。女装バーを複数経営するなど仕事面では順調だったが、躁鬱病が悪化。’15年秋、マンション屋上から飛び降りる。奇跡的に生還後は、社会への「貢献」を意識し、以後600人以上の人に無償でお悩み相談をしている

高野真吾[タカノシンゴ]
1976年埼玉県生まれ。朝日新聞記者。オピニオン編集部や経済部などで勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件