光文社新書<br> 百まで生きる覚悟―超長寿時代の「身じまい」の作法

個数:
電子版価格 ¥902
  • 電書あり

光文社新書
百まで生きる覚悟―超長寿時代の「身じまい」の作法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月23日 20時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 284p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334043797
  • NDC分類 367.7
  • Cコード C0236

出版社内容情報



春日キスヨ[カスガ キスヨ]
著・文・その他

内容説明

本書では、家族社会学者である著者が、90~100歳間近の元気長寿者、70~80代の高齢者、また介護や世話を担う家族に聞き取りを重ね、「ご長寿本」の著者のような財力や社会関係力を持たない普通の長寿者が、元気なうちにどのように「身じまい」の支度をすべきなのか、またそうした文化をいかに構築すべきかを明らかにする。

目次

序章 「ご長寿本」ブームのその先
第1章 「普通の元気長寿者」の日常生活
第2章 元気長寿者にとって、「歳をとる」ということ
第3章 家族の揺らぎと長寿期生活リスク―「ヨロヨロ期」のために備えない高齢者たち
第4章 昭和期生まれ高齢者と「歳をとる」ということ
第5章 「ヨロヨロ期」の超え方、「ドタリ」期への備え方
第6章 今、何が求められているのか―「成りゆき任せ」と「強い不安」の間
終章 長寿時代を生きる「身じまい」のすすめ
おまけの章―「具体的な準備」の一例

著者等紹介

春日キスヨ[カスガキスヨ]
1943年熊本県生まれ。九州大学教育学部卒業、同大学大学院教育学研究科博士課程中途退学。京都精華大学教授、安田女子大学教授などを経て、2012年まで松山大学人文学部社会学科教授。専攻は社会学(家族社会学、福祉社会学)。父子家庭、不登校、ひきこもり、障害者・高齢者介護の問題などについて、一貫して現場の支援者たちと協働するかたちで研究を続けてきた。著書に『介護とジェンダー―男が看とる女が看とる』(家族社、1998年度山川菊栄賞受賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とよぽん

60
かなり以前から読みたいと思っていた。読み終えた今は、「身じまいの文化」についてしっかり考えるために必ず再読する日が来ると確信している。日本人がこんなに長生きするようになったことに、誰もが困惑している。健康寿命などという言葉も出現した。しかし、老いと病と死は避けられない。自分が高齢になって人の助けがないと生活できなくなったら・・・。著者が日本に「身じまいの文化」をと訴えている切迫感が伝わってきた。2022/12/10

ネギっ子gen

58
【「身じまいの文化」を創出し、それを社会的に共有していく取り組みが必要】「介護とジェンダー」で山川菊栄賞受賞の家族社会学者が、90~100歳間近の元気長寿者、70~80の高齢者、家族などから聞き取りをした。<「歳をとる」ことには「歳には勝てない脆さ」があるだけではない。「歳をとっても“私”は“私”」と状況を新たに拓いていく力を人は持っている。「自分に足りないところは人に助けてもらえばいい」「他人の世話になることをみじめと思わない」。そうしたことを、私は「元気長寿者」たちから学ばせてもらうことができた>。⇒2023/08/13

ニッポニア

47
人生100年時代、覚悟という言葉が重くのしかかりますね。誰も、自分の死など想像せず、しかし、子供たちには世話にならない、と漠然と考えている。実際、怪我や病気で自由でなくなると、思っていなくとも、結局世話になることになる。元気なうちに、話しておこう。以下メモ。日課を遂行し続ける、必要とされる、が元気を維持する。高齢者にとって、転けることは致命傷になりかねない。元気なうちに支援者、後見人を見つけておく。悪徳業者にむしり取られる認知症高齢者。高齢の入院はパニックを起こす。一人暮らしの頑固な高齢者の問題は重大。2023/06/24

クリママ

46
90代で元気に活躍している人たちの紹介。こうあれということか。でも、私の柄じゃない、などと読み進めるうちに、ややや…、終末医療、葬儀、相続、墓のことを言い残して満足しているのは大間違い。死にたいときにスッキリ死ねるわけじゃない。どんなに元気でいても、自分のことができなくなるときが必ず来る。大切なのは、死後よりも、その時のこと。子供の世話になりたくないと言いつつも、子供に丸投げか。すごいことを気づかせてくれた。巻末の具体例もとても役に立つ。ものを増やすことはやめていたが、これは手元に置いて研究しなければ。2023/02/11

たまきら

37
ていねいに「百まで生きる人たち」を取材されていて、個人個人の体験や統計を読みながら自分の老後に思いがいきました。同時に超高齢社会となるこの国を支えることになる若い人たちにも…。20年ぐらいで私たちも70代になる。その時、日本はどんな状態だろうか?2023/01/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13280833
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。