光文社新書<br> 社会をつくる「物語」の力―学者と作家の創造的対話

個数:
電子版価格 ¥1,012
  • 電書あり

光文社新書
社会をつくる「物語」の力―学者と作家の創造的対話

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年08月01日 09時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 374p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334043391
  • NDC分類 304
  • Cコード C0295

出版社内容情報



木村草太[キムラ ソウタ]
著・文・その他

新城カズマ[シンジョウ カズマ]
著・文・その他

内容説明

AI、宇宙探査、独裁の再来、思想統制、核戦争の恐怖…現代世界で起こるあらゆる事象は、小説家やアーティストによる「フィクション」が先取りしてきた。同時に、学問研究や科学技術の進歩が、新たな創作への想像力を掻き立てる。まさに現実とフィクションは互いに触発し合い、発展していく。憲法学者とSF作家の希有なコンビが、『1984』『指輪物語』『飛ぶ教室』などの名作を参照しながら政治、経済、科学を縦横に巡り、来るべき社会を構想する。

目次

第1部 法律は物語から生まれる(法学の基本発想;エンジニアとしての法律家;フィクションと現実;AIと人間の違い;フィクションから社会へのヒント;ゲームという模擬社会)
第2部 社会の構想力(トランプ現象と向き合う;物語とリベラリズム;読書と民主主義;リベラルデモクラシーの条件;完璧な法律;法律にできること)
第3部 SFが人類を救う?(「架空人」という可能性;ロボットの経済政策;ベータ・テストの重要性;物語に見る権力)
appendix トールキンとケストナー

著者等紹介

木村草太[キムラソウタ]
1980年、神奈川県生まれ。東京大学法学部卒業、首都大学東京法学系教授

新城カズマ[シンジョウカズマ]
作家、架空言語設計家。京都造形芸術大学客員教授。『サマー/タイム/トラベラー』(全2巻、早川書房)で第37回星雲賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件