光文社新書<br> 風俗嬢の見えない孤立

個数:
電子版価格 ¥814
  • 電書あり

光文社新書
風俗嬢の見えない孤立

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年01月26日 09時22分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 227p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334039844
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0236

内容説明

手取り40万でも、安心できない。日本の新たなサイレントマジョリティー。「訪れる『40歳』の壁」「断たれるセカンドキャリア」「過熱する『貧困』報道の弊害」「誰にも知られたくないがゆえの『孤立』」「性風俗産業はセーフティネットか?」「なんともいえない『生きづらさ』」…etc.。のべ五〇〇〇人以上の風俗嬢と関わったからこそ見えてきた事実から、風俗業界の「現在」と風俗嬢の本当の悩み事を知り、「夜の世界」の課題とつながる、日本社会の課題を考える。

目次

第1章 「風俗ヤバい」を捨てられない社会
第2章 「夜の世界の俯瞰図」をつくる
第3章 「困っている風俗嬢」はどこにいるのか
第4章 風俗嬢の「セカンドキャリア」
第5章 「同情」するなら「ビジネス」する
第6章 風俗は「セーフティネット」なのか
第7章 「孤立」の要因を取り除くために

著者等紹介

角間惇一郎[カクマジュンイチロウ]
1983年、新潟県佐渡市生まれ。一般社団法人GrowAsPeople代表理事。大学中退後、大手ゼネコンで建築士として働く。埼玉県越谷市でまちづくりのNPO活動をしていた時に会社を退職。二年間、性風俗店に勤めながらキャストの実態調査をする。2012年、GrowAsPeopleの一般社団法人格を取得。東京都荒川区を拠点にする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報



角間惇一郎[カクマ ジュンイチロウ]