光文社新書<br> 巨大企業は税金から逃げ切れるか?―パナマ文書以後の国際租税回避

電子版価格 ¥814
  • 電書あり

光文社新書
巨大企業は税金から逃げ切れるか?―パナマ文書以後の国際租税回避

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 206p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334039813
  • NDC分類 345.1
  • Cコード C0233

内容説明

超富裕層やグローバル企業に富が偏在する現代。私たちは国際的租税回避問題とどう向き合うべきなのか。事件の本質、EUと多国籍企業の税金を巡る争い、仮想通貨、近未来の金融、そしてサイバー空間での国際課税のあり方などを検討しながら、そのヒントを探る。

目次

第1章 すべては隠すために―タックス・ヘイブンとオフショア・ビジネス
第2章 アップルは税金から逃げ切れるか―“ポスト”金融資本主義時代の多国籍企業
第3章 仮想通貨ビットコイン―租税回避の未来
第4章 タックス・ヘイブン2・0―租税回避の進化
第5章 サイバー空間と国家
補論

著者等紹介

深見浩一郎[フカミコウイチロウ]
1956年生まれ。東京都出身。公認会計士・税理士。大手都市銀行、大手国内監査法人、外資系コンサルティング会社を経て、2001年に独立。現在、深見公認会計士事務所代表、株式会社ERC代表取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報



深見浩一郎[フカミ コウイチロウ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件