光文社新書<br> 非常識な建築業界―「どや建築」という病

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

光文社新書
非常識な建築業界―「どや建築」という病

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月24日 07時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 245p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334039059
  • NDC分類 520.921
  • Cコード C0252

内容説明

二〇一五年に騒動となった新国立競技場問題に続き、再コンペで選ばれた案にコンペ疑惑が浮上、横浜の傾斜マンション事件が発生するなど、建築業界の威信を揺るがす問題が立て続けに起きている。しかし、これらは氷山の一角にすぎない。建築の現場で起きていることを見れば、今後も似たような問題が起きる可能性は十分にある。いったい、この業界の裏では何が起こっているのだろうか?「どや顔」をした使いづらい公共施設で税金をムダにしないために、危険なマンションを買わないために、寿命の短い持ち家を建てないために―。知っておきたいこの業界の「非常識」な実態。

目次

第1章 非常識なコンペ 新国立競技場問題は「よくある話」(幼稚園建て替えコンペの一幕;園長先生には理解できない建築家の「常識」 ほか)
第2章 非常識な建築史 建築はなぜ「どや顔」をするようになったか(実現しない建築の女王;始まりは「濡れたくない」 ほか)
第3章 非常識な建築家 オリジナルでなければ建築ではない!?(外国人識者の苛立ち;最新の技術は最新の意匠とともに ほか)
第4章 非常識な建設現場 ゼネコンという名の総合商社(奇怪な記者会見;総合請負人たるゆえん ほか)
第5章 非常識な建築論 建築業界にも「常識」はある(コンペの結果は見直してよい;ヒルサイドテラスが愛される理由 ほか)

著者等紹介

森山高至[モリヤマタカシ]
1965年岡山県生まれ。一級建築士、建築エコノミスト。早稲田大学理工学部卒業後、設計事務所を経て、同大学政治経済学部大学院修了。地方自治体主導の街づくりや公共施設のコンサルティングを行いながら、ジャーナリストとしても活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ななつ

39
長期ビジョンがない。2018/07/03

リキヨシオ

39
様々な疑惑が浮上する新国立競技場問題。不透明な選考基準、無理がある作業日程、奇抜なデザイン、膨れ上がるコスト…数々の問題が浮き彫りになったけど、公共施設のコンペでは以前から当たり前のように発生していた問題だという。長期的な維持できるコストや使用する側の意見よりも「奇抜さや格好よさ」といった見た目ばかりに重点をおいた「どや顔」をした建築物や建築家が評価されて、それを支えるゼネコンの元請け下請けのシステムがあり、建築業界は一般的に非常識な事が常識として通っている。自分は国立を建て替える必要はないのではと思う。2016/04/04

更紗蝦

35
新国立競技場問題を切り口にして、建築業界の構造的な問題点や、建築家という職業の在り方について辛口に述べている本です。建築というものは、「直接の利用者や、その街の住民の末永い評価が必要」であり、「建て替えや取り壊しに反対を求められるようになって本当の評価が見えてくる」という著者の指摘には、専門家ではないごく普通の一般人が建築物について日々関心を持ち続けることの必要性について考えさせられます。もし、その建築物に巨額の税金が投入されているのであれば、尚更です。2019/02/05

香菜子(かなこ・Kanako)

31
非常識な建築業界 「どや建築」という病。森山高至先生の著書。日本の建築業界がいかに非常識で歪んでいるかについて単刀直入に説明している良書。どんな業界でも非常識なところはあるけれど、建築業界の非常識さは際立っているのかも。2018/09/28

C-biscuit

23
会社の本。同じ業界に属しているため、内容が気なるところである。前半は新国立競技場の話から、著名な建築家の話があり、普段電車から見える建物が、丹下健三氏のものだとわかる。また、コンペの仕組みや実態、新国立競技場のJSCの立場など本質を知ることができる。そして、建築史やゼネコンの話になるが、これまで読んだ本の中で一番建設業界の実態に近く、本当のことが書かれていると感じる。本を書くような人は建設業界のヒエラルキーの中でも上位の方が書くため、末端の実態に疎いことが多いが、この本は違う。異業種の人にもお勧めである。2016/03/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10444583

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。