光文社新書<br> ヤバいLINE―日本人が知らない不都合な真実

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

光文社新書
ヤバいLINE―日本人が知らない不都合な真実

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月25日 11時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 254p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334038571
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C0230

内容説明

無料で、使い勝手もよく、なによりポップでかわいい。LINEは、日本人の心を鷲掴みにして離さない。韓国で社内ベンチャーとして産声を上げた「NAVER」に端を発するビジネスモデルの詳細、突然の上場廃止の目論見、個人情報問題、そして、インフラとしての社会的責任とは―。ネットの寵児の現在を、韓国取材を元に解き明かすビジネス・ノンフィクション。

目次

第1章 ヤバいLINEの「稼ぐ」力(ユーザーは五億六〇〇〇万人;伸び続ける業績 ほか)
第2章 LINEで苦しむ子どもたち(ネットリテラシー教育の現場;LINEは半強制状態 ほか)
第3章 イヘジンという男(変化の激しい国・韓国;LINEは日本製なのか? ほか)
第4章 韓国NAVERの“冷徹”な顔(切っても切れない関係;ベンチャー潰し ほか)
終章 LINEの未来(モバイルメッセンジャーアプリ群雄割拠;世界のモバイルメッセンジャーアプリ戦争 ほか)

著者等紹介

慎武宏[シンムグァン]
1971年東京都生まれ。和光大学人文学部卒業。サッカー、ゴルフ、野球など韓国スポーツに精通し、『ヒディンク・コリアの真実』(阪急コミュニケーションズ)で2002年ミズノスポーツライター賞最優秀賞受賞

河鐘基[ハジョンギ]
1983年北海道生まれ。編集プロダクションのピッチコミュニケーションズに所属。インターネット、政治経済など幅広い分野で執筆、翻訳活動を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件