光文社新書<br> TVニュースのタブー―特ダネ記者が見た報道現場の内幕

電子版価格 ¥825
  • 電書あり

光文社新書
TVニュースのタブー―特ダネ記者が見た報道現場の内幕

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 277p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334037802
  • NDC分類 699.64
  • Cコード C0236

内容説明

共同通信社からテレビ朝日に転職。社会部・経済部の記者や「ニュースステーション」「報道ステーション」のディレクターを務めた著者が、自らの体験を基にテレビの報道現場の内情を克明に記す。

目次

第1章 通信社とは
第2章 金融証券担当
第3章 国税報道
第4章 民放報道との出合い
第5章 2つのニュース
第6章 さらば、ニュースステーション
第7章 デスク稼業の日々
第8章 国税担当への復帰
第9章 民放局の経済部

著者等紹介

田中周紀[タナカチカキ]
フリージャーナリスト。1961年島根県生まれ。上智大学文学部史学科を卒業後、’85年に共同通信社に入社。’87年から’91年まで本社金融証券部で銀行・証券・保険業界を担当。大阪支社経済部と社会部を経て、’95年から’97年まで本社社会部で国税当局と証券取引等監視委員会(SESC)を担当。’98年から2000年までは本社社会部遊軍で経済事件を中心に取材し、数々の特ダネをものにする。同年にテレビ朝日に転職。’02年から’04年まで「ニュースステーション」「報道ステーション」のディレクターを務め、’06年から’10年まで再び国税当局とSESCを担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

こうちゃ

9
共同通信社からテレビ朝日に転職。社会部、経済部の記者や[ニュースステーション][報道ステーション]のディレクターを務めた著者が自らの体験を基にテレビの報道現場の内情を克明に記した一冊。現在は、フリージャーナリストだからこそ書けた本ともいえる。同じように思っていたニュース報道も、新聞とテレビは全くの別物であることがよくわかった。今後は、ニュース番組を違った目線で見てみようと思う。2014/03/21

Gamemaker_K

6
タブーというほどの内容でもないし、それほど目新しいことが言われているわけではないものの、マスコミ志望する人は一回目を通しておいた方がいいのかな。女性記者に対するやっかみがなかなか人情味あふれていてよかったと思う。2014/02/15

wei xian tiang

4
経済部所属記者でありながら、確定申告すら知らず、副業の収入の申告漏れで追徴されたら逆ギレ。挙げ句の果てに「そんなこと学校で教わっていない。これは学校教育の怠慢だ」と全部学校のせいにする。これぞマスゴミクオリティ。こういう声が大きいだけの情弱大人が「◯◯も学校で教えろ!」と学校教育に転嫁するので、教育がどんどん水膨れして訳の分からないものになっていく。学校は知識を教える場所ではなく、本質的には知識を得る作法やセンスを教える場所だと思う。2016/10/09

NightMaz

1
共同・テレビ朝日の元記者の自伝。ネタへのこだわりが強く伝わってくる。また、テレ朝に移ってからの映像のこだわり方も非常に興味深い。2017/03/12

ねええちゃんvol.2

1
2016/06/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7920726

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。