光文社新書<br> 沖縄美ら海水族館が日本一になった理由

個数:
電子版価格 ¥628
  • 電書あり

光文社新書
沖縄美ら海水族館が日本一になった理由

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月25日 07時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 229p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334037024
  • NDC分類 480.76
  • Cコード C0260

内容説明

動物園・水族館の入場者数でトップを走り続けてきた上野動物園を抜いて、「沖縄美ら海水族館」が初めて日本一の座についたのは2008年のことだった。この年の入場者数は、上野動物園の290万人に対し、沖縄美ら海水族館は310万人を数えた。新たな展示手法が大きな話題となった北海道の旭山動物園は280万人だった。沖縄美ら海水族館には、「世界一」と「世界初」が数多く揃っている。ひとことで言えば、これが高い“誘客力”に結び付いたといえるだろう。とはいえ、「世界一」や「世界初」を実現するのは簡単ではない。そのあたりを、詳しくお話ししていこう。

目次

プロローグ 上野動物園を抜いて入場者日本一に
第1章 “世界一”と“世界初”の水族館
第2章 水族館と動物園は何が違うのか
第3章 水族館の舞台裏―水族館を支える人間たち
第4章 “飼育屋”修業時代
第5章 試行錯誤の日々
第6章 水族館も動物園も“悪行”

著者等紹介

内田詮三[ウチダセンゾウ]
1935年生まれ。博士(農学)。東京外国語大学インドネシア語科卒業後、静岡県伊東水族館、福島県照島ランドを経て、’81年に国営沖縄記念公園水族館館長に就任。2002年、同館を新築した沖縄美ら海水族館館長に就任。’08年度の入場者は310万人に達し、上野動物園の290万人を抜いて日本の動物園と水族館の頂点に立った。’11年に、30年にも及んだ館長職を退任。現在は研究顧問を務める。沖縄近海のサメ・エイの繁殖を記した論文で、64歳にして博士号を取得。自らを「サメ屋」と称する。’09年海洋立国推進功労者表彰(内閣総理大臣表彰)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

レリナ

19
沖縄の美ら海水族館が何故成功したのか、著者の経験などから、良く理解することができた。水族館の魅力がよく伝わってきた。淡々と著者の考えや行動が述べられているので、美ら海水族館が日本一になった理由がよくわかった。水族館についてのノウハウも述べられていたので、勉強になる。イルカの飼育って難しいんだな。昔は色々試行錯誤して頑張っていたということがよくわかる。水族館にまた行ってみたいと思う内容の本。著者の情熱が伝わってきた。2019/02/17

ふろんた

17
私が2回以上行ったことある水族館は車で1時間で行けるシーパラと、那覇空港から2時間もかかる美ら海だけ。沖縄行くのが水族館メインではないけれども、連泊するなら足を運んでしまう。それはなぜか。従来の地元の人のための公営施設から観光ビジネスへと変換させていった功績が大きい。また、2000年あたりから、全国的に改装、新設の水族館が相次いだことによる相乗効果もあるのかな。終盤に水族館の果たすべき役割にも触れていて興味深い。2013/11/20

桃水

15
2012/10/14:美ら海だけでなく水族館の歴史や取り組みなどにも触れていて、普段は考えることのない水族館について改めて考えさせられました。2012/10/14

いずむ

11
自分の仕事を『悪行』と割り切るこの人の考え方が好きだ。華やかなショーも、大きな水槽も、すべて人間の欲望のため。それを認識した上でなお、「やるからには世界初・世界一」という姿勢。水族館のコトよりもその職業観に、目を啓かされた気がする。生き物と正面から向き合わなければなかなか自覚もできないけれど、すべての仕事は、少なからぬ犠牲の上に成り立つ"必要悪"。だからこそ、ボクらは「犠牲の上にしか成り立たないコト」に取り組み、またそこにこそ誇りを持つべきなのだ。一生懸命やれば、必要悪を背負う姿は、こんなにもカッコいい。2015/11/16

10
図書館で見かけて手に取った一冊。沖縄美ら海水族館がどのように発展し、たくさんの「世界一」と「世界初」を得たのかが述べられています。どんどん挑戦し、できるだけのことは手を尽くそうとする著者は本当に偉大。この方がいなかったら、日本に現在のような水族館は存在しなかったかもしれない。海は私たちに身近なようで、実は謎に満ちているということを知るきっかけになりました。私はもともと水族館派ですが、本書を読めば、動物園派の人もきっと水槽から海のいきものたちを眺めたくなるはず!水族館で働くことを目指している人にもおすすめ。2014/09/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5477468

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。