光文社新書<br> キャベツにだって花が咲く―知られざる野菜の不思議

電子版価格 ¥726
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社新書
キャベツにだって花が咲く―知られざる野菜の不思議

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 214p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334034504
  • NDC分類 626.04
  • Cコード C0245

内容説明

サプリメントでは、なぜダメか?生きている野菜のパワーを再発見。

目次

第1章 野菜に咲く花、どんな花?(キャベツも花が咲くの?;ダイコンは白い菜の花 ほか)
第2章 植物のどこを食べている?(花を食べる;カリフラワーの意外な親戚 ほか)
第3章 野菜はどこから来たのか?(二千年後の野菜;二千年前へタイムスリップ ほか)
第4章 ちゃんと野菜を食べなさい!(どうして野菜を食べるのか?;自動車を動かすのに必要なもの ほか)

著者等紹介

稲垣栄洋[イナガキヒデヒロ]
1968年静岡市生まれ。岡山大学大学院農学研究科修了。農学博士。静岡県農林技術研究所主任研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁冊

11
病気のため、努めて野菜ジュースを飲むようにしている。スケッチの野菜が数多く紹介され、親しみやすい新書。マリー・アントワネットがジャガイモを、織田信長がトウモロコシの花をそれぞれ愛したという(42~と51ページから)。歴史上の人物も野菜の花を愛でていたのは斬新な切り口だった。滅多に花を咲かせない野菜(例 筍)もあるようだ(66ページ~)。竹が花を咲かせるのは大飢饉の前兆(68ページ~)。これは覚えておきたい。天変地異やダニで人が死ぬ時代ゆえに。肉食系の人は本書で食生活を反省するきっかけに。vegan志すか?2013/02/23

びすけっと

6
2008年4月刊。「科学の栞」つながり。花を見る機会がない野菜はじめ植物をたくさん取り上げて、その生態を分かりやすく伝えてくれています。もうひとつおもしろいのは、私たちが食べているのはどの部分かということ。二千年前をたどりつつ、二千年後の食生活を予想しています(p.122-124)。それを読み進めるうちに、その大本になる種子が気になり出しました。著者は楽天的ですが、モンサルトのような会社が種子を痛めつけたり、そもそも人間が二千年先まで地球を保ち続けることができるのかを心配したりしてしまいます。2015/07/31

ふろんた

5
★★★★2018/04/09

しんしん

5
野菜の雑学がいっぱい書いてあった。 明日から食事がさらに楽しくなりそう。 野菜の花の色や形にも野菜の生存戦略がるというのは驚きだった。2016/04/19

dogresiduewp

1
植物の花と実の形状や性質の持つ意義、どの部分を食べているか、野菜の起源地、進化の過程から人間が野菜を食べる意義を説明、野菜に有効な成分が含まれるわけ。 初期の作品だからか、切れ味があってよい。稲垣氏の本を読みたい人は、まず『戦う植物』と『キャベツにだって花が咲く』の2冊をよめば、重要なエッセンスを重複なく仕入れられるのでは。2018/02/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3846

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。