光文社新書<br> 現代思想のパフォーマンス

個数:
電子版価格 ¥972
  • 電書あり

光文社新書
現代思想のパフォーマンス

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2019年05月26日 10時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 430p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334032777
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C0210

内容説明

本書の目的は、現代思想の概説ではなく、現代思想をツールとして使いこなす技法を実演(パフォーマンス)することである。この一冊には、現代思想に貢献した六人の思想家について、案内編と解説編と実践編が含まれている。

目次

1 フェルディナン・ド・ソシュール
2 ロラン・バルト
3 ミッシェル・フーコー
4 クロード・レヴィ=ストロース
5 ジャック・ラカン
6 エドワード・サイード

著者等紹介

難波江和英[ナバエカズヒデ]
1953年生まれ。クイーンズランド大学聴講生を経て関西学院大学文学部英文学科卒。同大学院博士後期課程満期退学。アイオワ大学大学院修士課程修了。桃山学院大学文学部助教授を経て、現在、神戸女学院大学文学部教授。専門は英米文学・文化学

内田樹[ウチダタツル]
1950年生まれ。東京大学文学部仏文科卒。東京都立大学大学院博士課程中退。東京都立大学人文学部助手を経て、現在、神戸女学院大学文学部教授。専門はフランス現代思想
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

部品の勉強はいいから、まず運転してごらん」
――現代思想最良のガイドマップ

本書は、これまでにない種類の本である。その目的は、現代思想の概説ではなく、現代思想をツールとして使いこなす技法を実演(パフォーマンス)することである。この一冊には、現代思想に貢献した六人の思想家について、案内編と解説編と実践編が含まれている。
彼らの思想の方法が、どのようにツールとして取り出され、利用されているのかを読み取りながら、この本を楽しんでいただきたい。(「まえがき」より)

〈本書で取り上げた思想家〉

I フェルディナン・ド・ソシュール
 「現実」の意味を変えた言語学者/新しい言語観
【実践編】『不思議の国のアリス』を読む

II ロラン・バルト
 コトバの主人はだれか/バルトの思想攻撃
【実践編】『エイリアン』を読む

III ミッシェル・フーコー
 「現実」をつくる過去/「現実」への疑いのまなざし/系譜学という方法
【実践編】『カッコーの巣の上で』を読む

IV クロード・レヴィ=ストロース
 二〇世紀の大論争
【実践編】『お早よう』のコミュニケーション

V ジャック・ラカン
 難解だからこそラカンである
【実践編】『異邦人』

VI エドワード・サイード
 サイードの問題提起
【実践編】『エム・バタフライ』を読む

◎「ツールとしての現代思想」の使い道
「部品の勉強はいいから、まず運転してごらん」と私は学生たちによく言う。
現に私は内燃機関がなぜ車を走らせるのかも、コンピュータがなぜ動くのかも知らない。
知らないけれども、(使っているうちに)それが「何をする」ための道具なのか、それがどのような「夢」に育まれた道具なのか、おのずから分かってくる。
それと同じことが学術についてもできるはずだ、というのが私たちの基本的な考え方である。すぐれた学術的方法はかならずそれが創始者の「夢」の刻印をとどめている。
だから、私たちは素直にこう問えばいいのである。
「ねえ、これ何する道具なの?」   (「あとがき」より)