DJ鉄ぶらブックス<br> 電車の進歩細見―ようこそ。電車の発達史へ

個数:
電子版価格 ¥1,512
  • 電書あり

DJ鉄ぶらブックス
電車の進歩細見―ようこそ。電車の発達史へ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月26日 06時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784330731162
  • NDC分類 546.5
  • Cコード C0065

目次

プロローグ 日本の電車の誕生―それは上野公園からはじまった
車体の進化(電車体の素材―木製車体から鋼製車体へ;地下鉄道車両の登場―東洋初の技術が開花した ほか)
技術の進歩(集電装置の黎明期―トロリーポールからビューゲルへ;ボギー台車―鉄道車両の高速化・安定化の立役者 ほか)
快適な旅の設備(電車の客室内にテレビを設置―“昭和三種の神器”といわれたアイテムのひとつ;2階建て電車―観光から大量輸送まで ほか)
人に優しい設備(車内貫通扉のマジックドア―昭和30年代は不思議だったのだろうか?;都電7000形更新車―路面電車初の車椅子スペース ほか)

著者等紹介

渡部史絵[ワタナベシエ]
鉄道の有用性や魅力を発信するため、鉄道に関する書籍の執筆や監修に日々励む。月刊誌や新聞等への執筆活動を主体に、国土交通省をはじめ、行政機関や大学、鉄道事業者において講演活動等も多数行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

“日本の電車の発達史”という、やや難し気なテーマを親しみ易い文章と写真で読み進めていく、DJ鉄ぶらブックスシリーズ16巻目。女流鉄道ジャーナリスト渡部史絵による数々の現場取材経験により、リアリティ溢れる内容で電車の歩みを振り返ります。

■電車の誕生
・日本の電車は、上野公園から始まった
■環境に適した車体
・木造車体から鋼製車体へ
・地下鉄の登場
・ボディマウント構造
・国鉄新性能通勤形電車の登場
・日本初のアルミ合金電車の誕生
■技術の進歩 機器類
・トロリーからビューゲルへ
・パンタグラフの採用
・日本初の連接車
・カルダン駆動装置
・純電気ブレーキの導入
■旅の設備を確立した仕様
・はじめて客室にテレビを設置
・日本初の2階建て展望車
・世界初の寝台電車 国鉄 581 ・ 583 系
・お召電車の元祖 国鉄クロ 157
■人に優しい設備
・日本初の車内貫通扉に自動ドアの採用
・路面電車初の車椅子スペースを設置
・車内案内表示装置
・座席間の仕切り
・座席変換システム LC カー
・元祖 イラスト入りヘッドマーク「踊り子」
・日本初の LED イラスト入り行先表示
・ハートの吊り革を最初につけた鉄道

渡部史絵[ワタナベシエ]
著・文・その他