交通新聞社新書<br> 中央線誕生―東京を一直線に貫く鉄道の謎

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

交通新聞社新書
中央線誕生―東京を一直線に貫く鉄道の謎

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年12月02日 01時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 239p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784330680163
  • NDC分類 686.213
  • Cコード C0265

出版社内容情報

東京を一直線に貫く鉄道の謎明治22(1899)年、中央線の前身「甲武鉄道」が新宿?立川間で開通する。さらに新宿?飯田町間が開通し、日本初の専用路線を持つ電車が走る。やがては東海道線と並ぶ本州の鉄道幹線、中央本線開通へのスタートとなった甲武鉄道。
その開業に賭けた挑戦者たちの葛藤を描く。また「中野?立川」がなぜ一直線なのか、逆に立川より西、新宿より東の路線がうねっているのはなぜなのか、荻窪や吉祥寺、三鷹より先に武蔵境が開業したのはなぜか…といったエピソードも紹介。

●目次

先頭車両 甲武鉄道開業

第2車両 きっかけは玉川上水の舟運

第3車両 馬車鉄道として出願

第4車両 ライバル登場

第5車両 社内派閥抗争

第6車両 鉄道反対旋風

第7車両 駅誘致合戦

第8車両 満員の観桜列車

第9車両 東京中心部へ進出

第10車両 遠回り路線を決断

第11車両 日本初の専用線路を走る電車

最終車両 戦争と国有化

中村建治[ナカムラケンジ]
著・文・その他