DJ鉄ぶらブックス<br> 汽車のあった風景 東日本篇―SL終焉期の昭和日本

個数:

DJ鉄ぶらブックス
汽車のあった風景 東日本篇―SL終焉期の昭和日本

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月20日 13時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 144p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784330624150
  • NDC分類 686.21
  • Cコード C0065

目次

北海道
対談 北海道を走った汽車
東北
対談 東北を走った汽車
関東甲信越
対談 関東甲信越を走った汽車

著者紹介

安田就視[ヤスダナルミ]
写真家。志木市美術協会会員。1931年2月、香川県生まれ。日本画家の父につき、日本画、漫画を習う。高松市で漆器の蒔絵を描き、彫刻を習う。のど自慢の優勝で芸能界に入り、歌手として主に西日本を巡業。テレビ番組にも出演。その後カメラマンになり大自然の風景に魅せられ、漂泊の旅に出る。そして消えゆく昭和の鉄道、SL、私鉄など全線をオールカラーで撮影。そのほか四季の風景、風俗、日本の祭り、学参物、伝統工芸など、大判カメラで撮影。屋島なるみとして2014年9月懐かしい昭和の名曲集~高原列車は行く~を83歳にして日本コロンビアよりCDデビュー

原口隆行[ハラグチタカユキ]
1938年9月、東京生まれ。終戦直前父祖の地佐賀市に疎開、高校までを過ごす。1963年3月上智大学卒業後凸版印刷(株)に入社。1968年頃、蒸気機関車が数を減じていることを危惧して追跡を開始、その終焉後は関心を鉄道全般に広げ、『鉄道ジャーナル』『旅と鉄道』などに寄稿を続けたのち1982年9月、フリーになり執筆活動に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

昭和40年代の抒情的な鉄道風景を、撮影時の記憶や路線の概況解説とともに収めた「東日本篇」。ファン垂涎の書籍です。

1975(昭和50)年12月14日を最後に、国鉄の営業線から旅客SL列車が姿を消して今年で40年。本格的なSLが走っていた最後の時代を、カラーフィルムで記録した写真家の貴重なライブラリを基に振り返ります。昭和40年代の抒情的な鉄道風景を、撮影時の記憶や路線の概況解説とともに収めた「東日本篇」。昭和の鉄道ファン・SLファン垂涎の書籍です。