ほじくりストリートビュー ザ・フューチャー

個数:
電子版価格 ¥1,408
  • 電書あり

ほじくりストリートビュー ザ・フューチャー

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月12日 02時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 190p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784330059211
  • NDC分類 291.3
  • Cコード C0095

出版社内容情報

コラムニスト・漫画家の能町みね子さんが、誰もが見落としがちなGoogleマップ上の面白い地形や謎のスポットを、実際に現地に行って訪ねてみる『散歩の達人』の人気連載「ほじくりストリートビュー」の単行本化。
狭い路地や傾斜住宅地など、地形的にもマニアックなスポットを実際に訪れほじくりまくり、ストリートビューだけではわからなかった謎を解説します。コロナ禍でお出かけが制限された分、オンライン旅行やご近所散歩など、この本の趣向・行動様式がこれまで以上に広く知れ渡るようになってきたタイミングでもあり、路上観察入門としてもおすすめできる一冊です。(

内容説明

玉川学園の住宅地の谷底/滝山団地の謎の水玉模様とわからないものたち/新越谷、シャッター商店街のその先/高根台団地近くの、読めないほど字が小さい標識/文京区の車が全然来ない道にある信号/北区の歩道橋は半地下と暗渠に潜っていく/鎌倉市のクルリンと巻いた道/キャンプ座間を東西にぶち抜く道路、など、地図で気になるあの道この場所―未来にのこしたい、愛しき変な風景。

目次

街の章(旧麻布我善坊町の谷底の路地―東京都港区;神田の細かい地名密集地帯―東京都千代田区;川沿いの低地にある田園調布商栄会―東京都大田区 ほか)
築の章(大手町駅すぐの公営住宅―東京都千代田区;調布市の同じ造形の家が連なる奇妙な“住宅列”―東京都調布市;市川市の長屋式公営住宅―千葉県市川市 ほか)
路の章(大久保通りと抜弁天通りをつなぐよれよれの道―東京都新宿区;姥ヶ橋歩道橋と稲付川の暗渠の道―東京都北区;吉祥寺と駒込病院に挟まれた抜け道―東京都文京区 ほか)

著者等紹介

能町みね子[ノウマチミネコ]
北海道出身、茨城県育ち。コラムを書いたり漫画を描いたり(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おかむら

26
地図で見つけた気になる場所に行ってみる、「散歩の達人」連載のニッチで地味な街歩きエッセイ第2弾。どうしても用事がなければたぶん一生行かないであろうなんの変哲もなく思える街(の一部分)がなぜこんなに楽しいのかしら。Googleマップ見ながら交互に読ん出たので目が疲れたわー。ちくしょー老眼めー! 横浜の竹山団地がいいなあ!真ん中に池! あと大黒埠頭のSFぽいバス停の名前とか、大泉学園のポンピドゥセンターとか、そそられる場所がいっぱい。この連載続いてるのかなー。続いて欲しいなー。2022/04/04

katoyann

21
能町さんが「地図で見て気になったところ」に行き、現地の様子をレポートするというコンセプトの本。『散歩の達人』の連載物。地理好きにはたまらない作品だろう。個人的には滝山団地、調布市の住宅街、南越谷の商店街が気になった。昭和の歴史も楽しめる。気楽に読めるのでオススメです。2022/03/24

Yutaka Matsuzawa

15
タモリ倶楽部の地図の回に出るくらい著者の能町みね子は地図に造詣が深い。この本は地図を見て何か変だな引っかかると思った所に実際に行ったリアルストリートビュー。「散歩の達人」でレポートをしていたものをまとめた二冊目。地図に照らし合わせ解説されるとしみじみ面白い場所が多数。校庭を西武池袋線が横切る埼玉県立飯能高校がいい。著者はどう線路があるか見たかっただけだが、私は中学時代に教室から、高架を荷物電車が走るのを眺めていたなと思い出した。実家や自宅の近所が出てきたりで地図マニア、街歩きマニアには楽しい本だった。〇2022/03/24

たっきー

6
著者が地図をみて、興味をひかれた場所に行ってみた結果をまとめたもの。団地、独特の道や建物は私も興味があるので楽しく読んだ。場所が関東というのでなかなか実際にみにいくことは難しいのが残念。巻末のGoogle mapを使った「バーチャル散歩講座」が面白い。気になる場所の見つけ方の参考に。 2022/02/05

kimrahimovic

3
普段近くを通っているのに気づかなかったスポットがいくつもあり、目から鱗。大久保通りと抜弁天通りの抜け道、内神田入り口横の公営住宅、東邦大森病院そばのメリーチョコレート工場など。 ところで私もとっておきのスポットを一つ知っているのだけれど、この連載で取り上げてくれないかな・・・2022/01/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18731429

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。