交通新聞社新書<br> 廃線寸前!銚子電鉄―“超極貧”赤字鉄道の底力

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

交通新聞社新書
廃線寸前!銚子電鉄―“超極貧”赤字鉄道の底力

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2021年06月14日 01時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 191p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784330018218
  • NDC分類 686.3
  • Cコード C0265

内容説明

「経営がまずい」ので販売した「まずい棒」のほか、線路の石でも犬釘栓抜きでもなんでも売って、自虐的“超C”級映画『電車を止めるな!』を本気で制作!銚子電鉄は、経営を改善すべく突飛なアイデアやイベントをどんどん仕掛けてきた。その「絶対にあきらめない」勇姿とチャレンジの数々を、「まずい棒」を考案した寺井広樹が紹介。

目次

第1章 銚子電鉄の「まずい」通史
第2章 あきらめない「竹本勝紀」という人物
第3章 自虐ネタの原点「まずい棒」開発ヒソヒソ話
第4章 湧き出る!苦境に立ち向かう自虐ネタ
第5章 日本一のエンタメ列車になりたい
第6章 本気企画!銚子電鉄を救う次の一手考
第7章 超C(銚子)級映画『電車を止めるな!』、本当に公開

著者等紹介

寺井広樹[テライヒロキ]
1980年神戸市生まれ、文筆家、実業家。同志社大学経済学部卒。銚子電鉄の「お化け屋敷電車」「まずい棒」を企画プロデュース。著書多数。映画『電車を止めるな!』の原作・脚本担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。