大島渚著作集〈第1巻〉わが怒り、わが悲しみ

個数:
  • ポイントキャンペーン

大島渚著作集〈第1巻〉わが怒り、わが悲しみ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 08時31分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 323p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784329004598
  • NDC分類 778.08

内容説明

京都に育ち、演劇と学生運動に情熱を燃やした大島渚。その波乱の青春を語る自伝的文章に加えて、初期の脚本『深海魚群』を収録。日本を代表する映画作家の原点がここにある。

目次

京という鋳型
悲しみの街を歩く
Kyoto,My Mother’s Place
京都大学時代の回想
政治的転向について
『我が青春に悔なし』滝川事件に憧れて私は京大に入ったのだが
わが青春残酷物語
日本映画の曲り角 なぜ私は撮影所の試験をうけたか
戦後日本映画の状況と主体
脚本『深海魚群』

著者紹介

四方田犬彦[ヨモタイヌヒコ]
1953年生まれ。東京大学で宗教学を、大学院で比較文化を学ぶ。明治学院大学教授として映画史を教える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件