新訳 ハンガリー1956

個数:

新訳 ハンガリー1956

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 261p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784329004451
  • NDC分類 234.7
  • Cコード C0030

内容説明

「労働者評議会」をつくりだし、スターリン主義官僚体制に立ちむかう労働者・学生・知識人たちの蜂起。現代世界を一瞬間照らしだしたハンガリー革命敗北の悲劇。

目次

序章
東西の合意
解放?
サラミと賠償
搾取と従属化の方法
抵抗の拡大
新路線?
ポーランドの暴動
一触即発の危機の高まり
最初の要求〔ほか〕

著者紹介

南塚信吾[ミナミズカシンゴ]
1942年生まれ。専門はハンガリー史、国際関係史、世界史。法政大学国際文化学部教授

吉橋弘行[ヨシハシヒロユキ]
1971年生まれ。1996‐97年、研究のためにハンガリーに滞在。1998‐2000年、ハンガリー政府奨学生としてエトヴェシュ・ローランド大学(ブダペスト)に留学。2001‐02年、文部科学省派遣交換留学生としてデブレツェン大学に留学。2004年、千葉大学大学院社会文化科学研究科博士号取得。専門はハンガリー近現代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)