フェミニズムの古典と現代―甦るウルストンクラフト

個数:
  • ポイントキャンペーン

フェミニズムの古典と現代―甦るウルストンクラフト

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月11日 00時02分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 290p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784329004185
  • NDC分類 367.2

内容説明

西洋フェミニズムの創始者または先駆者として讃えられてきたメアリ・ウルストンクラフト。彼女の死後二百年を記念して出版された本書は、賞賛と苦悩の省察との入り交じった状況を明らかにしている。ある章ではウルストンクラフトの著作がはらむ緊張を追求し、ある章では読みの過程に疑問を呈し、ある章では女性と男性の可能性の限界を押し拡げようとする際に生じてくる困難な問題を考察している。彼女の啓蒙主義的でヒューマニズム的な構想がもつ妥当性といった主題が、われわれの現在の問題関心とどのように響き合うのか洞察するすべを与える。

目次

第1章 神の愛のために―ウルストンクラフトのフェミニズムにおける宗教と性愛から生じる想像力
第2章 オランプ・ドゥ・グージュの想像力
第3章 メアリの肯定、アリスの否定―フェミニズム理論が抱える女性理性の矛盾
第4章 保護を求めて―貴婦人、感受性、ロマンス
第5章 メアリ・ウルストンクラフトと奴隷制の問題系
第6章 裸の人間性と慣習という衣裳―ウルストンクラフトにおける平等と民主主義
第7章 メアリ・ウルストンクラフト、フェミニズム、ヒューマニズム―多様な読みの行為

著者紹介

永井義雄[ナガイヨシオ]
1931年愛知県生まれ。1954年名古屋大学経済学部卒業、1959年同大学院博士課程満了。金沢大学、名古屋大学、一橋大学を経て現在、関東学院大学経済学部教授、経済学史・社会思想史専攻。経済学博士、名古屋大学名誉教授

梅垣千尋[ウメガキチヒロ]
1973年東京都生まれ。1996年一橋大学社会学部卒業、1998年同大学社会学研究科修士課程修了、2001年英国ヨーク大学18世紀研究所MA取得。現在、一橋大学大学院社会学研究科博士課程在学中。イギリス思想史・歴史学専攻