ジョン・アッシュベリー - 「可能性への賛歌」の詩

ジョン・アッシュベリー - 「可能性への賛歌」の詩

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 276p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784327472085
  • NDC分類 931
  • Cコード C3098

出版社内容情報

アメリカを代表する前衛詩人、ジョン・アッシュベリーを論じた本邦初の研究書

 1950年代半ば、エリオットなどのモダニスト詩人たちに代わって、新しい詩人たちが台頭しはじめた。ジョン・アッシュベリー(1927― )もそのひとりで、「ニューヨーク派詩人」のひとりに分類され、難解で優雅な詩風を今日まで保ち、さまざまな批評的興味を惹起しつづけてきた。処女詩集から50年以上を経ていまだに現役のこの詩人を、近代詩史やアメリカ詩史だけでなく、大衆文化も踏まえつつさまざまな角度から論じる。

著者紹介/著者による他の著作等
飯野友幸(いいの ともゆき)
 1955年東京生まれ。上智大学文学部英文学科教授(アメリカ文学専攻)。著書に『アメリカの現代詩――後衛詩学の系譜』(彩流社)、編著書に『現代作家ガイド1 ポール・オースター』(彩流社)、『ブルースに囚われて――アメリカのルーツ音楽を探る』(信山社)、訳書に『ジョン・アッシュベリー詩集』(大岡信との共訳、思潮社)、『壁の文字――ポール・オースター全詩集』(TOブックス)、『ブルース・ピープル』(リロイ・ジョーンズ著、音楽之友社)などがある。


第1部
曖昧な詩人の肖像
第1章 語りつくせぬ物語
――アッシュベリーへの批評はいかに、そしてなぜ多様か
第2章 「災い少なし」をめぐる三稿
――「アッシュベリー・スタイル」の社会性
第3章 移民の歌
――アッシュベリーのアメリカーナ
第2部
詩法
第4章 チャンス(Chance)、クール(Cool)、キャンプ(Camp)
――アッシュベリーとアメリカ芸術
第5章 動きの圏(クライメット)に包まれて
――アッシュベリーの長編詩
第6章 経験の経験
――見たものをそのまま書かない、ということ
第7章 思索の鏡
――アッシュベリーとオースター
終章
附録 ジョン・アッシュベリーへのインタヴュー
あとがき/参照資料