シリーズ英文法を解き明かす 現代英語の文法と語法<br> ことばの実際〈1〉話しことばの構造

個数:

シリーズ英文法を解き明かす 現代英語の文法と語法
ことばの実際〈1〉話しことばの構造

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 219p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784327238094
  • NDC分類 835
  • Cコード C3382

出版社内容情報

英語の「書きことば」ではあまり見られない「話しことば」の現象を「場面性」と「リアルタイム性」という側面から捉え直す試み。

★「話しことば」の構造を解き明かす
英語の「話しことば」には、「書きことば」にはあまり見られないような現象が数多く観察される。けれどもそうした現象は、書きことばに依拠した英文法では見落とされていることが少なくない。本書は、そうしたさまざまな事例を、話しことばの特徴である「場面性」と「リアルタイム性」という側面から捉え直す試みである。「状況省略」や「タグ表現」といった話しことばに頻出の現象が、コミュニケーション上で果たしている役割を解明する。


「シリーズ 英文法を解き明かす」
コミュニケーション重視の英語教育の動向を見据え、文法・語法研究の最先端の情報を存分に盛り込んだ英語学の新シリーズ。現代英語で実際に使用される表現の仕組みを一つまた一つと解き明かし、最前線の英語教育の現場にも新しい息吹をもたらす。英語の具体的な語彙と構文の特性を明らかにすることを目的に設立された英語語法文法学会20周年記念企画。

第1章 書かれたことばから見た「話しことば」
 はじめに
 1.1 話しことばとその境界域
 1.2 「モダリティ」と「発話行為」
 1.3 SLの特徴
 1.4 場面性とリアルタイム性に関するSLの傾向
 1.5 SLの分析に向けて
第2章 場面から離れられぬ運命――場面性・対面性に関わる諸相について
 2.1 対面での会話の事例観察
 2.2 「状況省略」について
 2.3 「タグ表現」について
 2.4 場面に密着した「定型的表現」
 2.5 「強調」について
 2.6 まとめ
第3章 時間に急かされる宿命――リアルタイム性に関わる諸相について
 3.1 リアルタイムで進む発話の事例観察
 3.2 発話のモデル――Levelt (1989)のモデル
 3.3 「挿入」について
 3.4 順序の変更を伴う表現の挿入
 3.5 「繰り返し」について
 3.6 「言い換え」と「言い直し」
 3.7 構造の変容
 3.8 まとめ
第4章 話しことばで見られる正規構造からの変化――話しことばの流れとつながり
 4.1 名詞句前置について
 4.2 話題化について
 4.3 焦点前置文
 4.4 特殊な前置文について
 4.5 転置
 4.6 まとめ

【著者紹介】
HASH(0x3d7d818)

内容説明

「話しことば」は「書きことば」とは何が違うのか。英語の「話しことば」を「場面性」と「リアルタイム性」という観点から切り込んで、その特有の現象について考察する。

目次

第1章 書かれたことばから見た「話しことば」(話しことばとその境界域;「モダリティ」と「発話行為」 ほか)
第2章 場面から離れられぬ運命―場面性・対面性に関わる諸相について(対面での会話の事例観察;「状況省略」について ほか)
第3章 時間に急かされる宿命―リアルタイム性に関わる諸相について(リアルタイムで進む発話の事例観察;発話のモデル―Levelt(1989)のモデル ほか)
第4章 話しことばで見られる正規構造からの変化―話しことばの流れとつながり(名詞句前置について;話題化について ほか)

著者等紹介

内田聖二[ウチダセイジ]
1949年生まれ。奈良大学教授

八木克正[ヤギカツマサ]
1944年生まれ。関西学院大学名誉教授

安井泉[ヤスイイズミ]
1948年生まれ。筑波大学名誉教授

澤田茂保[サワダシゲヤス]
1959年富山県生まれ。東北大学情報科学研究科人間情報科学専攻博士課程修了。博士(情報科学)。現在、金沢大学国際基幹教育院外国語教育系教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

れると

1
特定の言語理論に依っているわけではないんだけど(語法研究の本)、自分にはちょっと難しかったかな...。全体的にではなくて、部分部分で理解しづらいところがあった。あと、2ヶ月以上、断続的に少しずつ読んでいたのだけど、そのわりに色々なことを一度に言われて、頭の中がごちゃついている感じ(泣)。見た目や用法(談話上の機能など)が似ている表現ーー例えば「タグ表現」(第2章)などは、なんていうか微妙だなあと思った。でも、個人的に(も)日頃、書きことばを基にした学習文法にどっぷり浸かっているせいか、とても面白く感じた。2016/08/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10886131

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。