虚構世界はなぜ必要か?―SFアニメ「超」考察

個数:
  • ポイントキャンペーン

虚構世界はなぜ必要か?―SFアニメ「超」考察

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2019年03月23日 23時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 292p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784326851966
  • NDC分類 778.77
  • Cコード C3070

内容説明

現実は変えられないという「現実主義」に抗するためにフィクションは意味をもち得るか。フィクションについて考えることは、夢を見ることに、あるいは夢について考えることに似ています。そして、現実主義者は、そのようなことには意味がないしくだらない、あるいは、無責任で害悪でさえあるというでしょう。それに対しわたしたちは、そのような現実主義の態度こそがわたしたちの現実を堅く貧しくしているのだと反論することはできるのでしょうか。「はしがき」より

目次

フィクションの価値低下のなかでフィクションを問うこと
ネットもスマホもなかった世界から遠く離れて―『うる星やつら2 ビューティフルドリーマー』『エンドレスエイト』『魔法少女まどか☆マギカ』
冥界としてのインターネット―『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』と『serial experiments lain』1
SFとオカルトの相補性、ホラーとオカルトの相違―『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』と『serial experiments lain』2
仮想現実とフィクション―『ソードアート・オンライン』『電脳コイル』『ロボティクス・ノーツ』1
多平面的で媒介(間接)的な接触―『ソードアート・オンライン』『電脳コイル』『ロボティクス・ノーツ』2
相対性理論的な感情―『ほしのこえ』と『トップをねらえ!』
日常としての異世界・中二病―『AURA 魔竜院光牙最後の闘い』と『中二病でも恋がしたい!』1
遊技の現実的な作用―『AURA 魔竜院光牙最後の闘い』と『中二病でも恋がしたい!』2
量子論的な多宇宙感覚―『涼宮ハルヒの消失』『ゼーガペイン』『シュタインズゲート』1〔ほか〕

著者等紹介

古谷利裕[フルヤトシヒロ]
画家、評論家。1967年、神奈川県生まれ。1993年、東京造形大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

現実は変えられないという「現実主義」に抗するためにフィクションは意味をもち得るか、SFアニメで考える骨太フィクション論。

はしがき

序説 フィクションの価値低下のなかでフィクションを問うこと

考察一 ネットもスマホもなかった世界から遠く離れて
『うる星やつら2 ビューティフルドリーマー』『エンドレスエイト』『魔法少女まどか☆マギカ』
考察二 冥界としてのインターネット
『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』と『serial experiments lain』?
考察三 SFとオカルトの相補性、ホラーとオカルトの相違
『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』と『serial experiments lain』?
考察四 仮想現実とフィクション
『ソードアート・オンライン』『電脳コイル』『ロボティクス・ノーツ』?
考察五 多平面的で媒介(間接)的な接触
『ソードアート・オンライン』『電脳コイル』『ロボティクス・ノーツ』?
考察六 相対性理論的な感情
『ほしのこえ』と『トップをねらえ!』
考察七 日常としての異世界・中二病
『AURA 魔竜院光牙最後の闘い』と『中二病でも恋がしたい!』?
考察八 遊技の現実的な作用
『AURA 魔竜院光牙最後の闘い』と『中二病でも恋がしたい!』?
考察九 量子論的な多宇宙感覚
『涼宮ハルヒの消失』『ゼーガペイン』『シュタインズゲート』?
考察十 「決断」と分岐問題
『涼宮ハルヒの消失』『ゼーガペイン』『シュタインズゲート』?
考察十一 準─多重化される世界
『涼宮ハルヒの消失』『ゼーガペイン』『シュタインズゲート』?
考察十二 とりとめのない「地」と認識可能な「図」
『涼宮ハルヒの消失』『ゼーガペイン』『シュタインズゲート』?
考察十三 「社会を変える」というフィクション
『逆襲のシャア』『ガンダムUC(ユニコーン)』『ガッチャマンクラウズ』?
考察十四 アンチ・ヒーローと、技術が可能にする「新しいもの」
『逆襲のシャア』『ガンダムUC(ユニコーン)』『ガッチャマンクラウズ』?
考察十五 フィクションのなかの現実
『マイマイ新子と千年の魔法』『この世界の片隅に』?
考察十六 フィクションと現実の交差的交換
『マイマイ新子と千年の魔法』『この世界の片隅に』?
考察十七 人間不在の場所で生じる人間的経験
『けものフレンズ』
考察十八 「ここ─今」と「そこ─今」をともに織り上げるフィクション
『君の名は。』『輪るピングドラム』?
考察十九 世界そのものが忘れた出来事の記憶
『君の名は。』『輪るピングドラム』?
考察二十 呪いによって織り上げられる「同時性」
『君の名は。』『輪るピングドラム』?
考察二十一 「透明な存在」の積極的肯定=フィクション
『君の名は。』『輪るピングドラム』?

結び

古谷 利裕[フルヤ トシヒロ]
著・文・その他