映画にとって音とはなにか

個数:

映画にとって音とはなにか

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2022年07月05日 21時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 313,
  • 商品コード 9784326851263
  • NDC分類 778.04
  • Cコード C0074

出版社内容情報

さまざまな傑作映画の魅力を、音に対する認識論と、音響技術に関する方法論から解き明かした正に画期的な試みの書。<映画音楽>という概念を批判的に疑うところから始める。

【目次】
第1部 自分の在処を探すもの
 1 牛とその啼き声
 2 三つの境界
 3 聴取点
 4 現実の時間、実際の空間、生の音
 5 サウンド・トラックと縁を切る(切らない)ために

第2部 映画の音楽
 6 映画音楽、映画の音楽
 7 取りすました美女
 8 場所の場所
 9 音楽を撮る

第3部 音の演出
 10 フランス映画における音の改善のためのささやかな提案

訳者解説
参考文献概観
映画索引

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

gorgeanalogue

14
婉曲的な文体で読みやすくはないが、「聴取点が主観的な視点を生み出す」「トーキーが映画を線的にした」などの論点が面白い。フレームの内/外のダイナミズムを主題にした「抵抗」の分析、「ウイークエンド」のモーツアルトの分析がことに面白かった。 4刷なのに誤植が多い。2022/04/29

GORO

0
そんなこと言われなきゃ気付かないヨ2009/06/20

まりも

0
記事を切り貼りして集めた本なので読みやすくはないが、内容自体はとても興味深い。Point of Auditionの概念が面白かった。2019/01/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/137842

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。