失われる子育ての時間―少子化社会脱出への道

個数:

失われる子育ての時間―少子化社会脱出への道

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月23日 15時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 211,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326652822
  • NDC分類 369.4
  • Cコード C3036

内容説明

保育所を整備すれば、子どもは増えるのか。子育ての時間と自由の保障が子ども・親・社会全体に利益をもたらすことを明らかにする。

目次

序章 少子化対策への疑問
第1章 選択の自由がもたらしたもの
第2章 少子化対策で幸せになれるのか
第3章 子育てをする権利を保障する政策
第4章 市場の外にある時間と空間の可能性
終章 もう一つの少子化対策

著者等紹介

池本美香[イケモトミカ]
1966年神奈川県生まれ。本名・森美香。1989年日本女子大学文学部英文学科卒業、三井銀行(現三井住友銀行)入行。2000年千葉大学大学院社会文化科学研究科博士課程修了。現在、株式会社日本総合研究所調査部主任研究員。博士(学術)。主要著書・論文に「親の時間世界に生じている変化」(1997、東洋経済高橋亀吉記念賞優秀作受賞)など
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

待機児童ゼロ作戦、夜間保育、病児保育など、保育サービスを中心に少子化対策が進められているが、保育園をいつでも利用でき、子どもにお金がかからなくなれば、子どもを持とうと思う人が増えるのだろうか。
 本書は、経済政策の一環として少子化を問題として議論するものではなく、少子化する社会の底流にある個人主義、選択の自由、効率化・合理化の圧力等を再検討した上で、「子育てをする権利」を軸にした発想の転換や少子化対策の新しい方向を打ち出す。諸外国の政策動向もふまえ、親と子を分離する方向ではなく、親に子育ての時間と自由を保障することで、子どもにも親にも、そして社会全体にも利益があることを明らかにする。

序章 少子化対策への疑問

1 わが国の少子化の現状
2 人口爆発と少子化対策
3 人口減少歓迎論と少子化対策
4 女性の働く権利と少子化対策
5 期待される女性と少子化世代のとまどい
6 本書の問題意識

第一章 選択の自由がもたらしたもの

1 子育ては損という意識
2 親になることの責任の重さ
3 専業主婦の子育て支援はなぜ進まないのか
4 選択の自由という幻想
5 社会力の弱さ
6 木を育てることと子どもを育てること

第二章 少子化対策で幸せになれるのか

1 子育てのマクドナルド化
2 二つの方向──効率化と非効率の回復
3 侵食されない領域を確保する
4 少子化対策の政策的意図
5 少子化対策と教育改革
6 親の教育権の不在
7 子育てをする権利からの発想
8 チャイルド・フリー運動の背景

第三章 子育てをする権利を保証する政策

1 北欧の在宅育児手当
2 在宅育児手当の政策理念
3 ホームスクール
4 子育ての時間を保障する労働政策
5 親たちによる自主保育活動の支援
6 ニュージーランドの自主保育活動プレイセンター
7 親のエンパワーメント
8 コミュニティづくりを支える

第四章 市場の外にある時間と空間の可能性

1 新教育連盟の思想
2 羽仁もと子の教育理念
3 イタリアの時間銀行
4 合築による世代間交流
5 ドイツのクラインガルテン
6 高齢化と新しい価値観
7 情報化社会と縁
8 利子のつく貨幣と老化する貨幣

終章 もう一つの少子化対策

1 少子化しない社会の背景にある意識
2 森づくり政策と少子化対策
3 つなぐ存在としての子ども
4 未来からの圧力
5 選択する時間と関係としての時間
6 階層の視点
7 少子化対策への期待
8 子どもという存在の可能性

あとがき
参考文献