ポピュラー音楽へのまなざし―売る・読む・楽しむ

個数:

ポピュラー音楽へのまなざし―売る・読む・楽しむ

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2017年09月20日 18時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 333,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326652808
  • NDC分類 764.7
  • Cコード C3030

内容説明

のど自慢、スター、米軍キャンプ、ジャズ、フォーク、レコード、歌謡曲、アイドル、追っかけ、ローラー族、ロック、ロック・フェス、CD、ヒップホップ、アーティスト、ネオアコ、ネット配信などの生産・消費を軸に、ポピュラー音楽という現代文化を読み解くヒントを満載した論考集。

目次

1 研究対象へのまなざし(ポピュラー音楽の複雑性)
2 ポピュラー音楽を売る(ポピュラー音楽と現代消費社会―音楽が消費される社会;メジャー・レーベルの統合が意味するもの―メディアの転換期に揺れるレコード産業 ほか)
3 ポピュラー音楽を読む(ポピュラー音楽研究と音楽学はどう関わるか―方法・対象・目的;ポピュラー音楽のリズムの研究―その方法論をめぐって ほか)
4 ポピュラー音楽を楽しむ(カルチュラル・スタディーズとポピュラー音楽のオーディエンス;ポピュラー・ミュージック・イン・スクール ほか)

著者紹介

東谷護[トウヤマモル]
1965年、神奈川県生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士。後期課程単位取得満期退学。現在、早稲田大学文学部、成城大学文芸学部講師