現象学的社会学は何を問うのか

個数:

現象学的社会学は何を問うのか

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ B6判/ページ数 1冊/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326652068
  • NDC分類 361
  • Cコード C3036

内容説明

自己・他者・関係・制度、あるいは宗教・逸脱・犯罪などの基礎概念を、エスノメソドロジーや社会調査の問題性も含めて鋭く問いなおす、最前線の現象学的社会学。

目次

第1部 現象学的社会学の問い―社会理論への視軸(社会理論と世界の超越―問いの深化への途;制度の生成―制度論への現象学的社会学の視線;理解の原点―宗教の内在的理解)
第2部 現象学的社会学の基底―シュッツ解読の可能性(社会的行為とレリヴァンス―レリヴァンス概念の原像と射程;意味とワーキング―科学と多元的現実の再考;他者と他者性―他者経験の文脈)
第3部 現象学的社会学の試行―経験的研究への視座(方法と客観性―統計的調査法の隠された基盤;標準化・妥当性と意味―調査票調査の問題性;逸脱論の漂流―ある逸脱論者の問い;犯罪学の基底構造―ラディカル・クリミノロジーを超えて)

出版社内容情報

自己・他者・制度,宗教・逸脱・犯罪などの基礎概念をエスノメソドロジーや社会調査の問題意識も含めて問う現象学的社会学の最前線。