フェミニズムの困難―どういう社会が平等な社会か

個数:
  • ポイントキャンペーン

フェミニズムの困難―どういう社会が平等な社会か

  • 吉沢 夏子【著】
  • 価格 ¥2,750(本体¥2,500)
  • 勁草書房(1993/09発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 125pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月14日 04時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 239,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326651504
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C3038

内容説明

ミス・コンテストの問題や、性の商品化をめぐる問題などにおいては、いったい何が差別なのか、したがった何がどうなれば平等だといえるのか、必ずしも明確ではない。「男性と女性が平等である社会とはどういう社会か?」という問いは、今や答えることのもっとも困難な問いになっているのである。本書は、この困難な問いをけっして放棄することなく、常に問い続けるという姿勢を貫きながら、…暫定的ではあるが、「平等な社会」について、一つの明確なイメージを浮かび上がらせようとするものである。

目次

1 モダニティとフェミニズム(二つのフェミニズム;理論と戦略の乖離;「政治」と「性」と「女」―フェミニズムの現代的困難)
2 性愛という問題(ラディカル・フェミニズムの問題構制;処女性の誤謬;狂気と愛)
3 〈女〉というリアリティ(ベビーフェイスとヒール―「アグネス論争」とは何だったのか;補完する性―自明性を生きる男と女;男装の意味―フェミニスト的実践の亀裂)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ものいううなぎ

1
≪メモ≫ポジティブ・アクションに見られる「女なら誰でもいい」という発想は、「女なら誰でも駄目」という女性差別的発想の裏返しにすぎない:ラディカルフェミニズムは、女性は女性だから―すなわち女性であること自体に低い価値が付与されているから―差別される、という根源的にして破壊的な問いを投げかけている。2012/04/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/335076
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。