格差の連鎖と若者<br> 教育とキャリア

個数:

格差の連鎖と若者
教育とキャリア

  • 提携先に9冊在庫がございます(2017年10月24日 04時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 296p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326648825
  • NDC分類 367.6
  • Cコード C3336

内容説明

格差はいつ生成され、どのように連鎖していくのか。学歴・職業的地位の達成の過程を通して「格差の連鎖・蓄積」のメカニズムを探る。

目次

総論 ライフコースから考える若者の格差―研究の意義と調査研究の特色
格差の連鎖・蓄積と若者
第1部 学校から仕事への移行(学校経由の就職活動と初職;教育拡大と学歴の効用の変容―日本型学歴インフレの進行;新卒一括採用制度の日本的特徴とその帰結―大卒者の「入職の遅れ」は何をもたらすか?)
第2部 初期キャリアの格差(正規/非正規雇用の移動障壁と非正規雇用からの脱出可能性;現代日本の若年層の貧困―その動態と階層・ライフイベントとの関連;社会的孤立と無業の悪循環)
教育とキャリアにみる若者の格差

著者紹介

石田浩[イシダヒロシ]
1954年生まれ。ハーバード大学大学院博士課程修了。Ph.D(社会学)。現在、東京大学社会科学研究所教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

格差はいつ生成され、どのように連鎖していくのか。学歴・職業的地位の達成の過程を通して「格差の連鎖・蓄積」のメカニズムを探る。若者の間の格差・不平等の現状はいかなるものなのか。格差はどの時点で生まれ、連鎖していくのか。本シリーズは10年近くに亘る追跡調査データを分析したものである。第1巻では学歴を取得する過程、学校から職場への移行、職業キャリアを、第2巻では未婚から既婚への移行と親役割の取得を、第3巻では意識や価値観変化を分析する。

シリーズ刊行のことば[石田浩]



総論 ライフコースから考える若者の格差─研究の意義と調査研究の特色[石田浩]

 1.はじめに

 2.研究の枠組み─ライフコースと格差の連鎖・蓄積

 3.パネル調査の意義と特性

 4.東大社研パネル調達プロジェクト「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査」



序章 格差の連鎖・蓄積と若者[石田浩]

 1.はじめに

 2.格差研究の2つの流れ

 3.「格差の連鎖・蓄積」の枠組み

 4.東大社研パネル調査(JLPS)を用いた「格差の連鎖・蓄積」の検証

 5.本書の構成



第?部 学校から仕事への移行



第1章 学校経由の就職活動と初職[大島真夫]

 1.学校経由の就職活動の何が問題か

 2.就職活動の仕方と初職との関係

 3.学校は生徒の選抜をしているのか

 4.セーフティネットとしての就職斡旋



第2章 教育拡大と学歴の効用の変容─日本型学歴インフレの進行[苅谷剛彦]

 1.問題の設定

 2.90年代までの大卒就職・雇用の仕組み

 3.分析方法

 4.初職の職業機会の分析

 5.能力評定への影響

 6.結論



第3章 新卒一括採用制度の日本的特徴とその帰結─大卒者の「入職の遅れ」は何をもたらすか?[有田伸]

 1.はじめに

 2.「新卒一括採用制度」の日韓比較

 3.課題の設定・データ・分析方法

 4.クロス表による基礎分析

 5.ロジットモデルによる分析

 6.考察─なぜ入職・卒業の遅れは不利となるのか?

 7.おわりに



第?部 初期キャリアの格差



第4章 正規/非正規雇用の移動障壁と非正規雇用からの脱出可能性[中澤渉]

 1.正規/非正規雇用の格差をめぐる議論の背景

 2.若年労働市場の動きと分析課題

 3.パネルデータからみる個人内の地位の変動

 4.不安定な地位からの脱出

 5.まとめ



第5章 現代日本の若年層の貧困─その動態と階層・ライフイベントとの関連[林雄亮]

 1.はじめに

 2.「低所得」とはいかなる状態か

 3.低所得状態の持続性と変化

 4.不利の連鎖は存在するか

 5.まとめ



第6章 社会的孤立と無業の悪循環[石田賢示]

 1.問題の所在

 2.先行研究

 3.問いと検討課題

 4.データと方法

 5.分析結果

 6.考察とまとめ



終章 教育とキャリアにみる若者の格差[石田浩]

 1.ライフコースと格差

 2.教育とキャリアにみる格差の連鎖・蓄積

 3.格差の連鎖・蓄積の枠組み

 4.大人への移行と格差の連鎖・蓄積

 5.おわりに



付録 分析に使用した調査票の設問一覧

索引

石田 浩[イシダ ヒロシ]
石田 浩(いしだ ひろし)
1954年生まれ. ハーバード大学大学院博士課程修了. Ph. D(社会学). 現在:東京大学社会科学研究所教授. 主著:『学校・職安と労働市場――戦後新規学卒市場の制度化過程』(2000, 東京大学出版会, 共編著). Social Class in Contemporary Japan: Structures, Sorting and Strategies(2010, Routledge, 共編著).