双書ジェンダー分析<br> 育児のジェンダー・ポリティクス

個数:

双書ジェンダー分析
育児のジェンダー・ポリティクス

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月16日 13時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 261p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326648726
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C3336

内容説明

育児を通じて男女の不平等が生み出されるのはなぜか。日本、フランス、スウェーデンの調査から“夫婦で育児”の肉声を伝え、これからの育児問題を解く鍵を示す。

目次

育児にひそむジェンダー・ポリティクス
1 調査研究の枠組(育児とジェンダーをめぐる理論的課題;比較社会学の視点と方法;フィールドワークからの発見)
2 「夫婦で育児」の通文化的4類型(平等主義タイプ;役割逆転タイプ;女性の二重役割タイプ ほか)
3 ジェンダー・ポリティクス(平等主義タイプへの移行過程;世代間の変動;社会政策とカップルの戦略 ほか)

著者等紹介

舩橋惠子[フナバシケイコ]
1949年神奈川県に生まれる。1979年東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。静岡大学人文学部教授/社会学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

誰が育児をになっているのか。フランス、スウェーデン、日本の調査から育児をとおしてカップルが不平等な関係に陥るメカニズムや平等であろうとする可能性を探る。

夫が稼ぎ手役割をおりて育児主体になるという選択から妻が育児に専念するというタイプまで、<夫婦で育児>の4パターンを抽出、3ヵ国のなまの声をとりあげて育児のあり方を見つめる。保育学校を中心とする多彩な制度をもつフランス。きめ細かな育休制度やパパ月のあるスウェーデン。日本はこれからどうすればよいのか。具体的に考える。


序章 育児にひそむジェンダー・ポリティクス

Ⅰ 調査研究の枠組

第1章 育児とジェンダーをめぐる理論的課題
第2章 比較社会学の視点と方法
第3章 フィールドワークからの発見

Ⅱ 「夫婦で育児」の通文化的4種類

第4章 平等主義タイプ
第5章 役割逆転タイプ
第6章 女性の二重役割タイプ
第7章 男性の二重役割タイプ

Ⅲ ジェンダー・ポリティクス

第8章 平等主義タイプへの移行過程
第9章 世代間の変動
第10章 社会政策とカップルの戦略

終章  ジェンダー変革の困難と希望

参考文献
あとがき
索引