近代日本における出産と産屋―香川県伊吹島の出部屋の存続と閉鎖

個数:
電子版価格 ¥5,500
  • 電書あり

近代日本における出産と産屋―香川県伊吹島の出部屋の存続と閉鎖

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月06日 06時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 198,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326602919
  • NDC分類 385.2
  • Cコード C3036

出版社内容情報

女性が出産時ないし産後の一定期間、家族と離れて過ごした産屋はかつて日本各地にあり、伊吹島の出部屋も1970年まで利用された。当時の島の史料分析と、当時の助産婦や、出部屋で出産を経験した女性島民のライフヒストリーの聞き取りを通じて、重層的に産屋の存続のメカニズムを解明。日本近代の出産史を女性史・民俗学的に捉え直す。

内容説明

社会や共同体、そして女性にとって、産屋の存廃とはどのような意味を持っていたのか。島に保存されていた史料分析と、当時の助産婦や出部屋をめぐる女性たちのライフヒストリーを通じて、産屋の存続と閉鎖のメカニズムを重層的に解明する。

目次

序章 産屋研究の視角
第1章 フィールドについて
第2章 昭和戦前期における出部屋の産院化
第3章 戦後の出部屋を活用した近代医療の導入―助産婦のライフヒストリーを通して
第4章 昭和二〇‐三〇年代における出部屋の利用状況とその変化―出産をめぐる共同体の規範と家族の事情
第5章 昭和四〇‐五〇年代における出部屋の閉鎖とその後―家族のなかの女性の選択
終章 出部屋の存続・閉鎖のメカニズムとその意味

著者等紹介

伏見裕子[フシミユウコ]
1983年生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程研究指導認定退学。京都大学博士(人間・環境学、2015年)。現在、佛教大学、帝塚山大学ほか非常勤講師。公益財団法人世界人権問題研究センター嘱託研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。