ルーマン/社会の理論の革命

個数:
  • ポイントキャンペーン

ルーマン/社会の理論の革命

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年08月26日 10時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 667,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326601950
  • NDC分類 361
  • Cコード C3036

内容説明

“われわれはどのような社会に生きているのだろう。”20世紀後半における思想の最大の冒険であったルーマン理論を、総体的、徹底的、詳細に解説する。

目次

社会の理論の新しい試み
1 研究プロジェクト「社会の理論」
2 自己言及的システム
3 意味システム
4 社会システム
5 社会というシステム
6 操作的構成主義と社会記述の方法

著者等紹介

長岡克行[ナガオカカツユキ]
1942年東京に生まれる。1972年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了(経営学博士)。東京経済大学経営学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

われわれはどのような社会に生きているのだろう。20世紀後半における思想の最大の冒険の一つであったルーマン理論を、総体的、徹底的、詳細に解説した労作である。

ルーマンの理論は一口に「操作的に閉じたオートポイエティックで自己言及的なシステム理論」といわれる。本書はこの要約に含まれる単語を一つ一つ解きほぐすように6部18章に亘って説明する。Ⅰ研究プロジェクト、Ⅱ自己言及的システム、Ⅲ意味システム、Ⅳ社会システム、Ⅴ社会というシステム、Ⅵ操作的構成主義と社会記述の方法。

[関連書] 馬場靖雄 『ルーマンの社会理論』(勁草書房刊)


序論 社会の理論の新しい試み

Ⅰ 研究プロジェクト「社会の理論」

第一章 社会の理論に先立つ決定
第二章 空席としての社会の理論
第三章 社会システム理論の基本視座

Ⅱ 自己言及的システム

第四章 システム理論とオートポイエーシス理論
第五章 自己言及的システムの理論
第六章 区別と観察

Ⅲ 意味システム

第七章 意味と情報

Ⅳ 社会システム

第八章 社会システムの形成
第九章 コミュニケーション
第一〇章 社会システムと心的システム──構造的カップリング
第一一章 社会システムの構造
第一二章 社会システムの構造の変化
第一三章 社会システムにおける矛盾とコンフリクト

Ⅴ 社会というシステム

第一四章 社会の概念
第一五章 近代社会の構造とその諸帰結

Ⅵ 操作的構成主義と社会記述の方法

第一六章 構成主義的認識論
第一七章 社会記述の方法
第一八章 システム合理性

あとがき
引用文献
人名索引/事項索引