メディアと感情の政治学

個数:

メディアと感情の政治学

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 288p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326351800
  • NDC分類 361.4
  • Cコード C3031

出版社内容情報

怒り、愛情、恐怖……。感情がメディアを駆けめぐる。SNSや、一見「客観的」なニュースにさえもあふれる「感情」を鋭く分析する! ポピュリスト政治家がソーシャルメディアを通じてあおる「怒り」、災害報道に私たちが寄せる「共感」。メディアを通じて喚起され、共有される感情をどうとらえればいいのか。記者が取材する中で行う感情労働から、SNSが気づかぬうちに私たちの感情を管理するメカニズムまで、新たな視点でメディアと感情の関係に斬り込む。

内容説明

怒り、愛情、恐怖、喜び、憎しみ、共感…感情が、メディアを駆けめぐっている!取材活動にひそむ感情労働や怒りのポピュリズム、SNSの感情管理メカニズム等々、新たな視点でメディアと感情の関係に鋭く斬り込む。

目次

序章 メディア化された公的生活における感情を理解する
第1章 感情を重視する―感情をめぐる思想の変遷
第2章 遍在する感情―ジャーナリズムにおける感情をめぐる戦略的儀礼
第3章 真正性、共感、そして個人による語り
第4章 メディアを介した怒りの類型化に向けて
第5章 感情のレジームの変容―ドナルド・トランプ 怒りのポピュリズム
第6章 愛情の政治学―政治的ファンダムと社会の変革
第7章 感情をめぐるソーシャルメディアのアーキテクチャ
終章 感情・メディア・政治に関する九つの命題

著者等紹介

ウォール=ヨルゲンセン,カリン[ウォールヨルゲンセン,カリン] [Wahl‐Jorgensen,Karin]
イギリス、ウェールズのカーディフ大学ジャーナリズム・メディア・文化学部教授

三谷文栄[ミタニフミエ]
日本大学法学部新聞学科准教授。慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程単位取得退学。博士(法学)

山腰修三[ヤマコシシュウゾウ]
慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所教授。慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程単位取得退学。博士(法学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。